SNS・掲示板サイト

facebookが監視されている!?阻止するための設定変更方法教えます

Facebookが監視されているようで不安な時の対策方法

現在でも世界でトップクラスのシェアを誇るfacebook(フェイスブック)。実名での登録が必須であり、基本的にアカウントも1人1つまでしか持てない規約なので安心感がある反面、特定の人の行動を把握しやすいSNSでもあります。もしも自分のfacebookが監視されていたら…と不安になったり、恋人や配偶者の言動から「もしかして…」と思った経験のある人もいるのではないでしょうか?本記事では、自分のfacebookが監視されていると感じた時、どんな方法で監視されている可能性があるかを考察し、監視をされにくくする方法を解説します。

facebookに投稿したコンテンツはfacebook社に監視されている!

facebookを監視するモデレーターがいる

facebookに動画を投稿した時に、「この動画は著作権に違反している可能性があります」と警告が出て削除されてしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか?

facebookには毎日多数のコンテンツが投稿され、その中には著作権やプライバシーを侵害するようなものから、児童ポルノを含む性的な内容、暴力や虐殺などの残虐な内容、ヘイトスピーチやスパム、テロを含む内容のものなどルールに違反するコンテンツもたくさんあります。そのようなコンテンツは通常気付いたユーザーが通報するため、本部には不適切だと思われるコンテンツの情報が集まります。

facebook社には、そういった不適切だと思われるコンテンツを「本当に不適切なのかどうか」実際に閲覧して削除するかどうかを判断する「モデレーター」と呼ばれる職業があります。

facebookのコンテンツを監視しているモデレーターの役割

facebookのモデレーターの仕事は、違法行為や公的に不適切な行為をしている動画を一日何百件も監視し、削除対象か否かを判断する過酷なものです。中には言葉にするのも憚られるような衝撃的な動画も少なくないため、PTSDやパニック症候群を発症した従業員も報告されています。

モデレーターとして働くスタッフたちは、就業前にfacebookに対して権利放棄の同意書を提出しなければならず、一般人の目に触れてはいけないようなものを見る事への同意書に署名をします。また、「facebookのために働いている事について話さない」という秘密保持の契約もあるため、不適切動画を見続けて辛い気持ちになっても身の回りの人に話す事はできません。

こういった仕事は、今後一部分は人工知能(AI)が助けになる事もあると思いますが、最終的に細かい部分の削除の判断はやはり人間の目で行い判断せざるを得ません。世界のアクティブユーザーが23億人以上と言われるfacebookで、見ただけでも大きなショックを受ける衝撃的な動画がフィードに流れてくることが少ないのは、こういったモデレーターの監視があるからだと言えます。

身近な人にfacebookを監視されているようで不安なとき

身近な人がfacebookを監視していた時は設定を見直そう

さて、facebookの本社が行っている不適切な投稿の監視とは違い、自分の日常の投稿を思いがけない身近な人や知らない人に監視されるといった行為は不気味ですし、怖いですよね。

通常facebookを積極的に使っている人は昔の知り合いから会社の同僚・先輩など、リアルでも関係の深いたくさんの知り合いと繋がっていたり、恋人や夫婦同士で繋がっていたりする事も多いです。忙しくても、遠方に住んでいる友達の近状を知る事が出来る便利なfacebookですが、見られたくない相手から「監視されている」と感じた時の対処法を紹介します。

自分のfacebookプロフィールが検索エンジンに表示されないようにする方法

facebookは基本的に実名で登録する事になっています。繋がっていない人でも、名前で検索するとまずfacebookが見つかってしまう可能性が高く、その場合登録されている情報から本人だと気付かれやすくもあります。そこで、自分のfacebookのプロフィールページをGoogleなどの検索に表示されなくする方法を紹介します。

自分のfacebookページ右上にある白い「▽」を押して「設定」を開く

自分のfacebookページを検索結果から削除したい

左横に表示されるメニューから「プライバシー」を選択し、「検索と連絡に関する設定」という項目にある「facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」を「いいえ」に変更する。(デフォルトは「はい」になっています)

自分のfacebookページを検索エンジンに表示させなくする手順

この設定をすると、誰かがGoogleやYahoo!などの検索エンジンであなたの名前を検索した時に検索結果に表示される事がなくなります。ただし、facebook内の検索欄で検索した場合は表示されてしまうので注意しましょう。

メールアドレスや電話番号で検索できなくする方法

facebook内の検索で、メールアドレスや電話番号を使って検索をされて自分のfacebookがバレてしまった心当たりがある方もいるかもしれません。アドレスや電話番号から自分のfacebookページを誰からも検索されないようにするには、先ほど設定した項目の上にある「メールアドレスを使って私を検索できる人」と「電話番号を使って私を検索出来る人」の項目を「自分のみ」に変更します。

facebookでメールアドレスや電話番号で検索できなくする

facebookの公開範囲を設定して監視不可能にする

facebookでは、自分の書く記事のデフォルトの公開範囲を細かく設定する事が出来ます。デフォルトは「公開」になっていますが、範囲ごとに次のように分けられます。

公開 facebook利用者以外を含む全ての人。この場合、facebookにログインしていない人も見る事ができます。
友達 自分が友達として繋がっている人全員見る事が出来ます。
次を除く友達 自分が友達として繋がっている人のうち、「見る事が出来ない人」を選んでリスト化する事ができます。リストに入っている人は投稿が見れません。
一部の友達 自分が友達として繋がっている人のうち、「見る事が出来る人」を選んでリスト化する事ができます。リストに入っている人のみ投稿を閲覧できます。
自分のみ 自分以外は誰にも見る事ができません。
facebookの公開範囲を設定する方法

友達として繋がっているけれど、記事を投稿している事は知られたくない、または公開した記事を見られたくない人がいる場合には、「次を除く友達」に設定し、対象の人物をリストに入れます。この設定をしておけば、見られたくない相手に投稿を見られてしまう事はありません。また、次の画像のように投稿ごとに公開範囲の設定を変更する事も可能なので、時々友人全員に公開できるような投稿をするなど怪しまれないためのカモフラージュもできます。

facebook記事の公開範囲は個別に設定可能

友達になっていない人にfacebookの行動を常に監視されているみたい!どうやって?

見られたくない相手から「監視されている」と感じた時の対処法

友人として繋がっていない人に自分のfacebookの投稿を見張っているような発言をされた事がある方も見られます。友達として繋がっていなくても、自分がfacebookに投稿した内容をすぐに把握できる方法があるんです。

facebookの「フォロー」機能とは

facebookには「フォロー」機能がついています。これは、自分のタイムラインにフォローした相手の更新情報を表示できるようにする機能で、「友達」として繋がった人は自動でフォローもされます。

フォローする
誰かをフォローすると、投稿をニュースフィードで見ることができます。友達になっている利用者は自動的にフォローします。興味のあるユーザーの投稿をフォローすることもできます。また、友達ではないユーザーのニュースフィードに自分の投稿を表示するよう許可することもできます。

引用:facebook ヘルプセンター

注:友達ではない利用者にフォローを許可すると、あなたに友達リクエストを送信してあなたがそのリクエストを無視または削除した相手も、自動的にあなたをフォローできるようになります。

引用:facebook ヘルプセンター

こちらの機能は、「友達リクエストを送るだけ」で使えるものなので、友達として繋がっていない人もフォローする事ができ、もしもフォローをされていた場合は、自分のページの更新情報が相手のニュースフィードに表示される事になります。

facebookを監視させたくない!フォローできる人を制限する方法

友達申請をされて承認していない人に自分の更新情報を監視されるのは嫌だと言う人も少なくないと思います。その場合は、次の設定をしておけば安心です。

自分のfacebookページ右上にある白い「▽」を押して「設定」を開く

自分のfacebookページを検索結果から削除したい

左横に表示されるメニューから「公開投稿」を選択し、「フォローを許可する人」という項目を「友達」に変更する。(デフォルトは「公開」になっています)

facebookの監視を防ぐフォロー機能の設定方法

なお、この選択肢に「全体」と「友達」の2種類しか設定できなくなっている所からわかるように、友達として繋がっている人からのフォローは外す事ができません。

facebookで相手を監視するとバレる?

facebookで特定の人を監視するとバレるか、監視されているか明確に知る事ができるか…というと、基本的にはバレません。facebookには足あと機能がないので、特定の人が自分のページを見たかどうか確認する術がないためです。ここでは、足跡の代わりに表示されてしまわないかfacebookユーザーの多くが心配する「知り合いかも」機能について詳しく見ていきましょう。

facebook特有の「知り合いかも」機能に表示されて監視がバレる?

facebookには「知り合いかも」という、自分と面識や関係のありそうな人物を自動で選出して表示させる機能があります。この機能のロジックは公開されていないため、どういうアルゴリズムで人物が選出されるのかは明確に知る事が出来ません。公式ヘルプでは、「知り合いかも」で勧める人物について、次のように説明しています。

  • 共通の友達、相互の友達がいる人。おすすめに選ばれる最も一般的な理由です。
  • 同じfacebookグループに参加している人、または同じ写真にタグ付けされている人。
  • 同じネットワーク(学校、大学、職場など)に所属する人。
  • アップロードした連絡先に登録されている人。

以上のように相手の「知り合いかも」に表示される理由として、「何度もページを訪問している人」というものはありません。

「知り合いかも」に表示されにくくするには?

自分のアカウントが誰かの「知り合いかも」に全く表示されないようにするというのは、先ほど解説したようにfacebook側のアルゴリズムが不明なため難しいです。しかし、設定方法を変える事によって表示されにくくできる可能性はあります。例えば、本記事の最初の方にやり方をまとめた「メールアドレスや電話番号で検索できなくする方法」を「自分のみ」に設定したり、自分が過去にアップロードした連絡先を削除したりする方法です。

まとめ|facebookの監視はバレにくい。阻止したい場合は設定の変更を!

結果的に、自分のfacebookが本当に監視されているかどうかが明確に分かる方法は、本人の自己申告がない限りはありません。しかし、facebookにしか載せていない情報を知っているなど、どう考えても監視されているとわかっていて、それを阻止したい場合は、自分の記事をある一定の見せたい人だけが見れるような設定に変更しましょう。あらかじめ自分のページが見つかりにくいようにGoogleやYahooの検索結果に表示させないようにしておく事も有効な手段です。