誹謗中傷・風評対策

誹謗中傷を書き込まれてしまったら、削除依頼の方法をサイトごとに紹介!

誹謗中傷を書き込まれてしまった時の削除依頼

自分自身の誹謗中傷にあたる情報が掲示板やSNSなどに書き込まれてしまったら、削除依頼をするように進めましょう。一度、自分の名誉を低下させるような書き込みが発生してしまうと、情報が拡散する子おtで誹謗中傷の2次被害が起こる可能性があるため、弁護士などに依頼して削除することで、これ以上の被害が及ばないように対策することができます。

弁護士に誹謗中傷の削除依頼をする

弁護士に誹謗中所の削除依頼をする
自分がインターネット上で誹謗中傷の書き込みをされてしまい、書かれた内容を削除したい場合、対応を速めて確実に行ってくれるのが弁護士です。

  • 自分で削除申請する
  • 弁護士に依頼する
  • 誹謗中傷対策業者に依頼する
  • 警察に事件として取り扱ってもらい削除してもらう

もし誹謗中傷が発生し、削除を検討したい場合には、大まかに考えて上の4つの手段があります。インターネットやサイト管理についての知識・経験があれば、自分でサイト管理者に対して削除申請することも考えられます。

しかし、インターネットの構造について、深く理解している必要があり、また、管理者に対して削除申請を行っても、削除の完了が難航してしまう場合があります。弁護士に依頼することで、この進捗をスムーズに早く行うことが出来ます。

誹謗中傷対策業に依頼することで、誹謗中傷を書き込まれてしまった内容が、検索エンジン上で、上位表示されないようにすることで、これ以上の情報の拡散を防ぐことが可能です。また事件性のある内容であれば、警察が動いてくれる可能性もあります。

ひと口に、誹謗中傷の対処と言えども、被害状況や、問題解決にどの程度の時間が割けるかによって、対応が異なりますので、自分が陥っている状況を冷静に把握し、どのように解決するのが適切か、弁護士や業者に相談しながら、判断していきましょう。

誹謗中傷の削除依頼は自分でも行えるのか?

サイトに対しての削除申請は、自分自身で行うことも可能です。基本的には、各サイトに設けられたガイドラインに基づいて、サイト管理者側に削除申請を送る流れとなります。

しかし申請を行った時に、全ての要望が通って、削除してもらえるとは限りません。申請が却下されてしまう場合には、裁判所経由で削除の依頼を出すことも検討した方がよく、その場合には弁護士が手続きした方が、スムーズに問題解決が図れます。

任意交渉で誹謗中傷の削除依頼を行う

誹謗中傷を削除依頼するための任意交渉
削除申請を弁護士が代行する方法が任意交渉です。自分の個人名でなく、弁護士の名義で申請を送ることで、サイト管理者に対しても、法的な対処の危機感を伝えることが出来ます。

また自分自身が対応を行うための時間に束縛されることもありません。誹謗中傷が発生した時の対処については、プロバイダ責任制限法と呼ばれる法律によって定められています。

情報の削除や、情報を書きこんだ発信者についての情報開示を求めるのも、法的な手続きにあたります。そのため、本人が行うよりも法律の専門家である弁護士が行う方が、問題解決の確実性が増すのです。

誹謗中傷の削除依頼に応じてもらえなければ「仮処分」

任意交渉を行った場合に、サイト管理者側が「ガイドラインに違反していない」ことを理由に、削除に応じてくれない場合があります。その場合には、裁判所に仮処分を申請することで、サイト管理者への仮処分命令によって、強制的に記事削除まで導くことができます。

この段階まで進むと、法律についての知見が無い、一般ユーザーに取っては、問題解決の敷居が一気に高まります。

誹謗中傷対策業者に依頼する場合

弁護士以外の依頼先として、インターネットの誹謗中傷対策業者が挙げられます。誹謗中傷の事例として、過去に逮捕された情報が新聞サイトなどのメディアに取り上げられ、インターネット上に残り続けてしまう場合があります。

このような場合には、取り上げられた情報に対する表現の自由が勝ることもあり得ます。情報の削除自体が困難なのです。削除するのではなく、該当の情報を検索エンジン上から押し下げる逆SEO対策を行うほうが、効果的な場合があります。

逆SEO対策とは?誹謗中傷の押し下げ手法

誹謗中傷の押し下げと削除依頼
誹謗中傷対策業者が行う逆SEO対策は、企業などの情報を検索エンジンで上位表示させる「SEO」の手法をベースにしています。

誹謗中傷が書き込まれてしまうと、検索エンジン上で、企業名や個人名で検索をかけた時に、ネガティブな情報が上位表示されてしまい、自分自身の社会的地位や名誉を低下させる可能背がいあります。

逆SEO対策は、ネガティブな情報を押し下げるために、ネットのユーザーが必要としている中立的か、ポジティブな情報を上位表示させることで、誹謗中傷に当たる情報が人々の目に触れないように、施策していくのです。

誹謗中傷の押し下げにはどのくらいの費用・期間が必要?

逆SEO対策を行う場合には、概ね半年ほどの期間を見積もる必要があります。もちろん、これは平均的に必要な期間であって、押し下げの施策の難易度によって、変わります。

2~3か月で誹謗中傷の押し下げに成功する場合もありますが、ネガティブな情報が再浮上してしまわないよう、経過を見るためにも、半年は見ておきましょう。

掲示板やSNSなどの誹謗中傷を削除依頼する

SNSなどの誹謗中傷を削除依頼
誹謗中傷を書き込まれてしまった時には、サイトの管理者に対して、削除の申請を出すことが基本的な対応になります。

しかし、誹謗中傷の発信者も、同じサイトばかりに書き込むわけではなく、掲示板に書き込む場合もあれば、ツイッターなどのSNSなどに書き込む場合もあります。それぞれ、対処法が異なりますので、困ったらどうするべきか、確認しておきましょう。

5ちゃんねる(旧2ch)での誹謗中傷を削除依頼する

5ちゃんねる上の誹謗中傷の削除依頼

5ちゃんねるで誹謗中傷を書き込まれてしまった場合には、下の3つの方法で削除することが出来ます。

  • メールでの削除要請
  • 裁判所の仮処分
  • 5ちゃんねるが認めた弁護士から請求する

1つ目のメールでの削除は、5ちゃんねるに対して削除申請を送り、対応してもらうというものです。

2つ目と3つ目は、弁護士に対応してもらいます。2ちゃんねるは基本的に裁判所の仮処分には従います。5ちゃんねるはリーガルマインドを持っていて、表現の自由との均衡が取れている弁護士からの請求は、正当なものであれば、スムーズに応じます。

ツイッターでの誹謗中傷を削除依頼する方法

ツイッターに誹謗中傷を書かれてしまった場合には、twitter社に削除依頼を送信します。依頼を出すときには、どのような迷惑行為であるか、アカウントの詳細や対象のURLなどを報告し、以下の順で進んでいきます。

  • 削除依頼の送信
  • twitter社からの確認
  • 本人確認書類の提出
  • twitter社からの回答

本人確認書類の提出後、順調に進めば1週間前後で削除は完了します。

youtubeの誹謗中傷を削除依頼する方法

該当する動画を開く→動画タイトル、投稿者アイコンの欄下部にある「…その他」をクリック→「報告」→該当する問題を選択する。動画そのものではなくコメントを削除したい場合は、対象のコメントをタップして同様の手順で報告を行います。

食べログでの誹謗中傷を削除依頼する場合

食べログなどでの誹謗中傷の削除
食べログにお店の情報を掲載していて、悪い口コミを書き込まれてしまったとしても、それらは「問題のある口コミ報告」として、削除依頼ができます。食べログの運営者側は、ガイドラインを設けているため、削除の依頼を送る前に、自分自身の書き込まれた内容が、このガイドラインのどこに反しているか、確認しておきましょう。

まとめ│誹謗中傷の削除依頼は早期の対策が必要

誹謗中傷による被害を極力抑えるには、早期に削除するよう努めることで、情報を拡散による影響が起こらないようにできます。弁護士による削除の対応や、誹謗中傷対策業者による逆SEO対策を利用して、自分の名誉を守るよう考えていきましょう。