風評対策の方法

ホスラブに個人情報を書かれてしまった!削除したい時はこれをチェック!

ホスラブの書き込みを削除するには?

ナイトワーク系の話題に特化した大型掲示板サイト「ホスラブ」に投稿された誹謗中傷やプライバシーを侵害するような内容の書き込みを削除したい時に役立つ、「削除の対象になるレスの条件」「実際に削除申請をする手順」などをまとめました!

ホスラブの特徴って何?どんなサイト?

ホスラブ(ホストラブ)ってどんなサイトなの?

ホスラブ(ホストラブ)はその名前からも想像できるようにナイトワーク(ホストクラブやキャバクラ等の水商売系など)専門の掲示板サイトです。そのため、当然18歳未満の利用は禁止されていますが、それでも月間200万人が利用すると記載されているほどの巨大掲示板サイトでもあります。

メインの大型掲示板を筆頭に、水商売系の求人サイト「ホスラブ求人」、夜のケータイ小説サイト「ホスラブ小説」、ナイトワークをしている人用の公開プロフィールや日記を投稿できる「ホスラブプロフ」など、派生のサイトも広く展開しています。

ホスラブはポータルページからそれぞれの地方ごとに分けられたトップページに飛ぶ事ができるので、例えば関東のページにあるスレッドでは、関東のお店に限定した話が出来る事になります。「TV芸能話題」や「心の悩み」などカテゴリによっては全国統一の掲示板があり、全国統一カテゴリの場合はどの地方のページからも同じスレッドが表示されます。

ホスラブに風評が書かれると危ないワケ

ホスラブの悪評を放置すると客足や売上に影響が出てしまう

ホスラブは「ナイトワーク系専門」かつ「地域別」の掲示板であり、利用者数は多いですがトピック自体は範囲の狭い領域について語る場であるため、ある程度の匿名性が保障されてるとはいえ、分かる人には個人が分かってしまう可能性が高いです。

また、商売柄誹謗中傷と併せてプライバシーを侵害するような内容が投稿されやすかったり、ネットストーカーの被害に遭ったりする人も少なくありません。被害に遭ったのが個人だったとしても、所属する店に被害が拡大する事を心配に思う人もいるでしょう。

また、ナイトワーク系のお店を経営する方にとって困るのは、お店関係の話をするスレッドに関してはそのお店の名前でスレッドが立つということ。お店の名前のスレッドに「反社会勢力と繋がっている」などの事実無根の風評レスを書かれてしまうと、その悪評だらけのスレッドがGoogle検索の上位に来てしまったり別の大きな掲示板に転載されてしまったりする事も考えられます。

その結果、事実無根の悪評が人の目に付きやすくなり、 客足や売上に影響が出てしまう可能性があるのです。

どんな書き込みがホスラブでは削除対象になるの?利用規約ってどこにある?

さて、ホスラブに誹謗中傷が書き込まれると、個人としても企業としても大きなダメージを受けかねない事は分かりましたが、そういった書き込みは削除出来るのでしょうか?ホスラブの削除依頼ガイドラインで「削除対象です」と明言されている内容とはどういったものなのか、今一度確認してみましょう。

ホスラブで削除申請ができる書き込みの条件を確認しよう!

ホスラブで削除対象になる書き込みは、下記に該当するものです。ホスラブで削除申請を出したい時には、対象の書き込みが下記の条件に違反しているかどうかを確認しましょう。

  1. 趣旨説明も公益性も無い・誹謗中傷の個人特定が目的である書き込み
  2. 電話番号(投稿者の自己責任のないもの・公的ではないものは全て)
  3. メールアドレス(攻撃を目的としているものや趣旨説明が無く衆目に晒すことを目的としているもののみ)
  4. 誹謗中傷(有名人を除く個人特定のできるもの・事実関係の確認出来ないもの・公益性のないもののみ)
  5. 公益性のない個人の私生活情報やプライベート情報全て

参考:ホストラブ 削除依頼ガイドライン

上記の条件をよく見ると、公益性の有無がキーワードとして多数出現している事が分かります。これは、通常、個人が特定出来る形での誹謗中傷を投稿すると名誉毀損罪(刑法230条)に当てはまりますが、その情報が公益性のある真実の情報であった場合(つまり、公にとってその情報が利益になり得る事実である場合)は「名誉毀損の免責要件(刑法230条の2)」に当てはまるため罪に問わない、とされているからです。ホスラブの運営は「表現の自由」があるため、「名誉毀損に該当しない書き込みは削除しない」と言っている訳ですね。

とはいえ、その免責事項に該当していない場合なら、電話番号は一部が伏字だったり示唆するような文字列であったとしても削除対象としていますし、個人のプライベートに関わる情報は中傷を伴っていなくても一律削除対象とされています。

ホスラブの利用規約はここを確認!

ホスラブの利用規約は、それぞれの地方ページに飛んだ先で見る事が出来ます。画面を一番下までスクロールすると、利用規約へのリンクが現れます。

■関東版の例

ホスラブの投稿削除の前に利用規約を確認しよう

ホスラブへの悪質な書き込み 削除基準を確認しよう

ホスラブでの書き込み削除については基本的に「削除依頼ガイド」と「削除依頼ガイドライン」にまとめられています。

「利用規約」をクリックして、利用規約の詳細ページに飛んだあと、さらに下にスクロールするとページ下部に「ご利用ガイド」が現れます。投稿を削除したい時に必要な削除依頼ガイドや削除依頼ガイドライン、削除依頼フォームはこちらにまとまっています。

ホスラブの削除依頼ガイドライン、削除依頼フォームはこちら

ホスラブの書き込み削除方法を解説!

ホスラブで削除申請をする場合は、下記の削除申請フォームから行えます。

ホスラブの削除依頼方法を解説します

削除申請の際、必ず入力しなければいけない項目は3点です。

1.スレッド番号
スレッド番号は14桁の数字です

スレッド番号は14桁の数字になります。アドレスバー(URLが表示される部分)の終わりの方にある数字をコピーしましょう。

2.レス番号
レス番号はレスの左上にある吹き出しの隣にある数字です

レス番号はレスの左上にある吹き出しの隣にある数字の事です。該当のレスの数字を半角数字で入力しましょう。削除申請したいレスが複数ある場合は、「,(半角カンマ)」で区切って複数のレスを一度に削除申請する事が可能です。

3.削除理由

削除依頼ガイドラインや利用規約のどの点に違反しているのかを明確にして削除して欲しい理由を記入しましょう。感情的にならず、事実だけを淡々と述べることがポイントです。

例えば、「迷惑です」「困っています」という理由は却下されやすいので「このレスの〇〇という部分が名誉毀損にあたります」「レスに記載されている〇〇という部分がプライバシー侵害にあたります」など削除するべきだという法的な根拠を記載するという事です。

また、ホスラブの削除依頼ガイドには「各レスに関しての削除理由」を記載しなければいけないので、複数のレスを申請する場合は、そのひとつひとつに対しての理由を記載する必要があります。

ホスラブの削除依頼を受け付けて作業をしてくれる削除人はボランティアの方です。多数の依頼を確認する時間を取ってもらっている事を忘れず、暴言などは書かないようにして下さい。

ホスラブの投稿削除は、依頼から96時間(4日間)を目処に行われます。基本的に削除依頼を受け付けているのはレス(スレッドへの1書き込み)のみの削除でスレッドの削除はスレッドに投稿されたレスの全てがガイドラインに違反しているか、ホスラブの削除人の判断に委ねられる事となります。また、削除依頼の内容や送信手順が間違っていた場合は削除は受け付けてもらえませんので注意しましょう。

ホスラブに削除申請をするとバレる?

ホスラブへの削除申請はバレる?!

ホスラブへの削除申請を行った際、受付が完了すると「削除依頼履歴」に削除依頼の履歴が掲載されます。この削除依頼履歴はだれでも見る事ができるので、風評を書いた本人も削除依頼が出されている事を知る事が出来てしまいます。実際には、記入必須である「スレッド番号」「レス番号」「削除理由」のみの掲載となるため、削除理由に「本人」等書かなければ誰が依頼したのかまではわからないようになっています。匿名で削除依頼を出したい場合でも安心して申請して下さい。

削除依頼を出してもホスラブに動きがない!そんなときは?

ホスラブに削除依頼を出しても削除されなかったら…

前述のようにホスラブの削除人はボランティアのスタッフです。もちろん、削除依頼を出す被害者は、書き込みによって精神的にも立場的にも被害を受けている可能性が高いため、即日対応して欲しい気持ちは強いでしょう。しかし、ホスラブには連日20件弱程度の削除依頼が届いており、全ての事実確認を確認し対応するには時間がかかります。また、削除理由の説明が不足していると判断されてしまったり、削除人に判断で削除は不可と判断されてしまう場合もあるでしょう。

法的な権力を使ってどうしても削除したい場合は、費用がかかってしまいますが専門家である弁護士に削除代行を依頼しましょう。相手を特定して慰謝料を請求するなど法的措置に出たい場合も、弁護士に頼めば力になってくれます。

ホスラブの注意にもあるように、風評被害対策の会社には「削除代行」をする権利はありません。(もしも風評対策の会社が「削除代行」を行っていた場合は違法ですので注意しましょう。)ですが、風評対策を専門にしている会社は別の切り口で、低予算でできる事を提案してくれたり、自分で削除依頼を出す際にアドバイスをくれたりしますので、もしも高額な予算をつくれない場合には一度相談してみると良いかもしれません。

まとめ|ホスラブの風評は放置すると危険!削除申請は丁寧に書く!

ナイトワーク系の仕事をされている方には、ホスラブを利用している方も多いと思います。ホスラブは地域別にスレッドがあり、お店の名前のスレッドもあるためもし悪口が書かれていたらすぐに誰の事か分かってしまいますし、もしも自分の事が書かれていたら辛いですよね。お店の売上にも直結してしまうので放置するのは危険です。

そんな時に参考になる、事実無根の風評が書かれてしまった際の削除方法についてまとめました。レスそれぞれに削除理由を書かなければいけないなど少し面倒な部分もありますが、丁寧に申請しましょう。どうしても一人の力では難しい場合は、弁護士や風評対策の専門家に相談しましょう。