誹謗中傷・風評対策

Yahooサジェストの削除について

検索の際に候補として表示されるサジェストワード(関連検索ワード)は、検索の際に参考になる便利な機能です。

しかし、表示されるワードによっては、ある人にとって、風評被害や名誉毀損(事実の場合も含む)になる場合もあります。その際の対処方にをご案内します。

Yahooサジェスト(関連検索ワード)とは

Yahooサジェスト

Yahoo!のページを開き、検索窓に調べたいキーワードを入力すると、ワードに応じて、ユーザーが調べたいであろう推測されるワードの候補が付随して表示されます。これをサジェスト(入力補助)機能と言います。

※検索後に表示される画面の上下部に表示される関連検索ワード(Yahoo虫眼鏡)とは、ほぼ同じワードが表示されます。

Yahooサジェスト(関連検索ワード)の表示条件

多くのユーザーが検索ワードとして入力しているキーワード、及びトレンドを意識したタイムリーなワードが表示されます。※Googleサジェストでは、ユーザーの位置情報なども考慮します。

ネガティブワードの影響について

例えば、申し込み目的である英会話スクールについて検索をした際、ネガティブな内容が書かれていたらどう感じるでしょうか?人によっては、それが事実でなかったとしても不安を感じ、そのスクールでの申し込みはしなくなるでしょう。

私達は「表現の自由」の権利があり、自由にインターネット上で思った事を表現できます。
※名誉毀損は犯罪行為です。

しかし「表現の自由」として書いた内容が事実とは異なり、風評被害になってしまうこともあり得ます。

ネガティブワードを削除するには?

もし、サジェスト(関連検索ワード)に好ましくないワードが表示されてしまった際の対処法をご案内します。

①   Yahoo!に削除の申請をする

サジェスト(関連検索ワード)の削除申請は、こちらのフォームより可能です。

Yahooサジェストワード削除申請フォーム

※「表現の自由」が尊重され、削除申請が通らない場合もあります。

② 中立的なワードクエリを大量に送信する

最も効果的な方法として、問題となっているワード以外のクエリを大量に送り、問題のネガティブワードを押し出します。個人で対応できるレベルではありません。

誹謗中傷・風評対策業者に依頼する方法

もし、削除申請が通らなかった場合は、誹謗中傷・風評対策業者に依頼する必要があります。風評被害が広がらない内に、早めに行動することをお勧めします。

対策業者に関しては、誹謗中傷・風評対策業者 おすすめランキング をご覧ください。