風評対策の方法

逆SEO対策の方法とは?誹謗中傷サイトの押し下げ手法

サジェストとは

誹謗中傷が書き込まれてしまった時や、これから書き込まれてしまわないようにする方法の1つが逆SEO対策です。SEOの手法を用いて、検索エンジンに対してネガティブな情報が上位表示されないようにする逆SEO対策、誹謗中傷の書き込みが発生してしまった場合には、警察や弁護士だけでなく、インターネット業者も解決方法を持っています。

逆SEO対策を行うことで、誹謗中傷などネガティブな情報を押し下げて、企業や人名のブランドイメージを守ることが出来るのです。

誹謗中傷を押し下げるための逆SEO対策

インターネット上で、自分自身や自分が勤めている会社についての誹謗中傷の書き込みがされてしまった時に、その記事自体を削除したり、情報の発信者を特定して、慰謝料請求などを行って、問題解決を図るなど、様々な解決方法があります。

しかし、誹謗中傷に関する手段は多くが時間が掛かってしまい、ネガティブな情報、それ自体だけでなく、サイトの管理者に対して申し立てを行う必要があったり、相手に対して、申し立てを行う必要があったり、多くのj人が絡んでくるため、ネガティブな情報がインターネット上に表示されてしまっている状態が改善したい、という当の問題が放置されてしまうという点が否めません。

逆SEO対策の目的

逆SEOは、誹謗中傷によってGoogleやYahooなどの検索エンジンの上位に、ネガティブな情報が上がってしまった状態を改善するために用いられます。ネガティブな情報を押し下げるために、ポジティブな情報が掲載されたサテライトサイトやまとめサイトなどを作成し、上位表示させていきます。

また、作成したサイトや、既に検索結果上に現れているサイトに対して、質の高い被リンクを当てることで、サイトの評価を高めて、上位に上げていきます。

対策業者の逆SEO対策 ・弁護士による削除方法

逆SEOの対策を行うのは、誹謗中傷対策を行う、インターネット業者です。

対策業者は逆SEOだけでなく、通常のSEOやサジェスト対策、誹謗中傷の監視なども行っていて、インターネットやWEB集客についての専門知識を有しています。また、誹謗中傷に当たっての対応として、対策業者に依頼する以外に、弁護士に依頼する方法や、法的解決が必要な場合には、警察や法務局に相談する方法なども考えられます。

逆SEO ・弁護士に対応方法

情報の発信者を特定する場合には基本的に弁護士を通じて、サイトの管理者に対して開示請求を行うか、探偵や調査会社に依頼して、相手方の情報を割り出すよう、調査を依頼する場合もあります。弁護士に対応してもらう場合には、サイト管理者に削除申請を出すなどして「掲載された情報を消す」ように進めていきます。

しかし、業者に逆SEOを依頼して、ネガティブ情報を押し下げる方法は、情報が掲載されてしまったサイトに対してではなく、Googleなどの検索エンジンに対して行う対策で、これにより世界中にいる多くのユーザーに、誹謗中傷の記事が目に触れてしまうことを防ぐのです。

逆SEO対策をしながら、削除の対応を行うのがベスト

弁護士などで情報削除や、情報の発信者に対しての慰謝料請求などを行った場合に、全ての対応が完了するまでに、相当な時間を要する場合があります。また、サイト管理者が削除の申請に対して、応じてくれない場合もあり、その場合には、弁護士に交渉を行ってもらう必要もあります。

逆SEO対策は、依頼者からの発注があれば、その月から施策を開始するため、誹謗中傷の状況によっては、検索結果の上位から、ネガティブな情報が押し下がるまで、あまり時間が掛からない場合もあります。一刻も早く、自分に関するネガティブな情報が多くの目に触れる状態を防ぎたい場合には、逆SEOの対策を早めに開始しておいて、情報削除が完了するのを待つという、両方の利点を踏まえた対策をすると良いでしょう。

逆SEO対策の費用例

逆SEO対策は、ネガティブな書き込みが行われたサイトを検索結果の上位から押し下げるように、施策を行っていきます。そのためには、ネガティブ情報が上位に上がってこないように、プラスの情報が掲載されたサイトを作成して、ネガティブな情報を下位に押しやっていきます。

このように情報を押し下げて、成果を出すまでには、短い場合でも数か月、通常は半年前後、押し下げが困難な場合には1年以上の期間が必要です。

対策の費用として10万円前後、個人の名前で対策する場合には、安くて数万円前後、場合によっては、数十万の費用が必要な場合もあります。もし、既に保有のサイトや、普段から情報発信を行っているFacebookページや、twiterなどのSNSページなどがあれば、それらを活用して、少しでも費用を下げる方法も考えられますので、詳細は対策業者に相談してみると良いでしょう。

会社名の場合での逆SEO対策費用

会社名で誹謗中傷が上がらないようにするためには、対策期間や費用も多く掛かることが多いです。ユーザーがインタネット上で、社名を入力して検索するのは、その会社の評判などを調べたかったり、サービス内容が知りたい場合が多いです。

規模が大きく、ネームバリューのある会社ほど、ユーザーに検索されるボリュームが多いため、これらで誹謗中傷が書き込まれてしまった場合には、情報押し下げのために多くのサイトを作成する必要があるため、10万~20万程、掛かると見ておきましょう。

しかし、既に保有しているサイトやSNSページなどを利用して、費用が抑えられる場合もありますので、詳細な金額が把握したい場合には、業者に見積もりの相談をしてみましょう。

個人名の場合には?

個人名で施策する場合には、企業名で施策する場合よりも費用が安く済む場合が多いです。

芸能人や、代表取締役の方など、対外的に名前を広める必要がある場合には、長い施策期間を要する場合もありますが、そこまで個人名を広める必要もなく、ただ不都合な情報が消されるだけで良いという場合には、施策が容易になるため、費用も抑えられる可能性が多いです。

逆SEO対策の方法について

逆SEOの基本となるのは、検索エンジンのアルゴリズムに則ったSEOの手法です。検索エンジンはユーザーが求めていて、検索ニーズの高いコンテンツを上位に検索結果の上位に表示させる仕組みとなっています。この仕組みを利用して、ユーザーが求めているポジティブな情報を上位に押し上げて、ネガティブな情報が下位に押し下がるように対策していきます。

上位表示されるページを作成し、順位を落とす方法

誹謗中傷の書き込みがされたサイトが、Googleなどの検索結果上に表示されるのは、ある個人名や企業名などで検索を掛けた時に、ユーザーが求めているのは、その名前に関しての評価や第3者情報です。

逆SEO 検索エンジンに対しての対策方法

逆SEO対策を行う場合には、ユーザーが求めていて、かつネガティブな情報が含まれない、中立的なサイトや、ポジティブな情報が掲載されたサイトを作成します。

このようなユーザーのニーズにマッチしたサイトを作成して、それらのページの評価を高めていくことで、上位表示させて、ネガティブな情報を押し下げていきます。

他のサイトに優良被リンクを貼り、上位表示させ、誹謗中傷を押し下げる方法

検索エンジンは、質の高い被リンクが張られているサイトを評価して、上位に表示させます。

検索結果の1ページ目に上位表示されているサイトだけでなく、ある程度評価されているページを利用して、質の高い被リンクを張ることで、これらのサイトを上位に押し上げます。こちらは新たなサイトを作成するのではなく、既に公開され、運用されているサイトを利用して、それらの評価を上げる方法を取ることで、誹謗中傷が書き込まれたサイトを下位に押し下げていきます。

サイトをGoogleインデックスから削除する方法

逆SEO対策は、誹謗中傷が書き込まれたサイトを押し下げるために対策していきます。これに限らず、ネガティブな情報が書き込まれたURLや、自分自身が過去に管理していたサイトのURLをGoogleのインデックス上から削除したい時があります。そのような場合には、Googleの削除リクエストを利用できますが、どのようなページに書き込まれてしまったのか、状況に応じて慎重な対応が求められるため、専門家の知見の下での実行を検討した方が適切です。

まとめ

逆SEO対策の方法は、SEOをベースにしていますが、誹謗中傷が検索エンジンに表示されないように施策を成功させるには、専門知識と経験が必要です。実施を検討している場合には、一度、対策業者に連絡してみましょう。