風評対策

ブログで誹謗中傷された際の対策とは?

自分のブログ、または他人のブログでの誹謗中傷。有名になって、Web上で露出が増えれば増えるほど、そうした心ないコメントを目にする機会は多くなります。

本記事では、そうしたコメントへの対処方法を紹介。「自分のブログに誹謗中傷コメントが書かれていた場合」「他人のブログで自分への誹謗中傷が書かれている場合」の2つのケースを例に、解説していきます。

おすすめの対処法について

自分のコメント欄など、自分が削除する権限を持っている場での誹謗中傷コメントには粛々と対処、メールやSNSなどは基本的に反応せず無視を貫くのが基本です。匿名での誹謗中傷コメントは、基本的に発信者側が責任を持って書き込んでいませんので、こちらから返信する義務もありません。

それでは、さらに具体的な方法を「自分のブログで誹謗中傷されたケース」をもとに、解説していきましょう。

自身のブログで誹謗中傷された場合

ブログを運営している以上、誹謗中傷コメントを100%排除するのは不可能です。ですから、そうしたコメントは無視すればいいと考えがちですが、誹謗中傷コメントは残しておいてもプラスにならず、エスカレートしてしまうおそれがあります。特に、コメント欄など第三者に目につく場所での誹謗中傷は、看過するべきではありません。

そうしたコメントに対しては、反応、反論しようとは考えず、粛々と削除、あるいはブロック処置などで対処しましょう。もし、あまりにも誹謗中傷コメントが多いようであれば、コメント欄自体を廃止してしまうのも良い方法かもしれません。

ですが、コメント欄は読者とコミュニケーションを取る重要な場でもあります。コメントを承認制にするか、なくしてしまうか、そのままにするかは、自分にかかる負担と照らし合わせながら、慎重に検討してみてください。

それでは、続いて「他人のブログに自分への誹謗中傷記事、コメントが掲載されていた場合」の対処方法を説明していきます。

他人のブログで誹謗中傷された場合

他人のブログで、自分のことが書かれており、おまけにそれが中傷めいた内容であった場合。そのような悪意のあるブログに対し、こちらからアプローチしても、自主的な削除に応じてくれるケースはまれです。

このような場合、まずはブログ運営者に直接連絡を取りましょう。自分のブログなどで反論したり、ブログのコメント欄に投稿するなど、第三者が見られる場所でやりとりをすると、第三者の横やりが入ってしまう恐れがあります。

連絡内容としては、「悪意のある中傷に心を痛めている」「なぜこのような内容を書くに至ったのか」を問い、削除・あるいは修正の要請をしましょう。感情的な文章では火に油を注ぎかねませんので、文面は慎重に。

もし、どうしても削除に応じず、かつその記事による評判の損失が大きくなりそうな場合は、専門家に依頼するのもひとつの手です。

まとめ

自分のブログへの誹謗中傷コメントは、反応せず削除、他人のブログに書かれた自分への誹謗中傷に対しては、直接連絡を取り、削除要請をしましょう。SNSやメールで誹謗中傷が書き連ねてあった場合は、基本的に反応しなくてかまいません。

重要なのは、心を痛めても冷静に対処すること。書き込んだ側は、あなたが心をかき乱すのを心待ちにしていますので、思惑に乗せられないよう、確かな芯を持って自己発信を続けていきましょう。