風評対策

ブログが炎上してしまった際の対策とは?

「炎上」は突然やってくるものです。故意に炎上させる行為を俗に「炎上マーケティング」と呼びますが、ブログを運営している際に炎上させようと思って実際に起こすブロガーはなかなか存在しないはずです。

本記事では、自分のブログが突然炎上してしまった場合に備え、「炎上しやすいブログ記事の内容」「炎上の対処方法」「対処時に注意すべきこと」の3点を解説していきます。

ブログを炎上させやすい内容

個人ブログで炎上しやすい記事内容は、概ね以下の4タイプです。このジャンルは不興を買いやすく、また自己ブランディングとしてもプラスになりにくい傾向があります。執筆する際は充分に注意しましょう。

  • 公序良俗違反・犯罪行為を含む内容
  • 政治的・宗教的な内容
  • 性別・性差にかかわる内容
  • 比較記事(一方を持ち上げ、他方を貶めるような内容)

上記2つ「公序良俗違反・犯罪行為を含む内容」「政治的・宗教的な内容」は、きわめて取扱いの難しいジャンルであり、特に前者はモラル・法律に反しています。当然ですが、炎上を避けたいのであれば取り扱うべきではありません。また、政治・宗教に次ぎ、男女差や性別にかかわる内容も、意見が対立しやすく炎上しやすい記事ジャンルです。

さらに、好きな商品や作品の比較記事も注意すべきです。比較対象として、あるアイテムを痛烈に批判、低評価の文面を掲載した結果、そのアイテムのファンの反感を買い、炎上に結びついたケースがあります。

ブログ記事のジャンル選びの際は、上記のジャンルには特に気をつけるべきでしょう。それでは、続いてもし炎上してしまった場合の対処方法について、解説していきます。

対処の方法は?

掲載した記事が炎上し、SNSで拡散されてしまった場合、ブログ運営者にできることはほぼありません。記事の公開差止めをしてしまえば「逃げた」とみなされさらに反感を買うだけですし、SNSやブログ上で過剰に反応してしまうのも望ましいことであるとはいえません。

結論として、炎上は沈静化するまで放置しておくのが一般的です。通常通り、SNSでの発信やブログ投稿を続けていきましょう。あまりネガティブな内容を書きすぎず、かといって一度炎上したからといって過剰に萎縮してしまう必要はありません。

対処する際の注意点

炎上には放置が基本と先ほど解説しましたが、炎上した際、SNSや他人のブログで、炎上の件がどのように扱われ、どのような反応をされたのかチェックしておくことは重要です。

次なる炎上を巻き起こさないよう、「どの部分がどういけなかったのか」を把握し、次の記事から改善に繋げていきましょう。また、あまりにも記事に問題がある(こちらに非がある)場合は、モラルある人間の行いとして、誠実に謝罪すべきです。

まとめ

有名になればブログの影響力が増し、同時に炎上しやすくもなってしまいます。ブログを運営していくうえでは、もしも自分のブログが炎上してしまった場合に備え、正しい対処法を身に着けておくことが肝要です。