風評対策

逆SEOとは?

Webページの検索順位を上げるために行われる「SEO対策」。このSEO対策と真逆に位置する施策が、通称「逆SEO」と呼ばれる手法です。

本記事では、「逆SEO」とは何か?具体的な施策内容は?実際に効果はあるのか?などを簡潔に解説していきます。逆SEOについての基礎知識を知る一助になれば幸いです。

逆SEOとは?

逆SEO(逆SEO対策)とは、ネガティブな情報が書かれているサイトを、検索エンジン上で2ページ目以降に表示させる(検索順位を下げる)ために行われるSEO対策のことです。基本的に、「検索順位を上げる」ために行われるSEO対策とは真逆の施策を行います。

個人の誹謗中傷サイトや、企業サイトのネガティブな情報が記載されたサイトは、企業名や個人名で検索した際に上位表示されてしまうと、大きな風評被害を被る可能性があります。そのため、誹謗中傷対策としては比較的メジャーな手法となっています。

この逆SEOですが、具体的にどういった施策で取り組まれるのでしょうか?実際に見ていきましょう。

『逆SEO』具体的な施策内容は?

逆SEOは、具体的に以下の手法で行われることが多くなっています。

  • 検索順位を下げたいページより、質の高いWebサイトを多数つくり、相対的に順位を下げる
  • 企業の公式サイト・サテライトサイトで1ページ目を独占する
  • 該当サイトのコピーコンテンツをつくり、該当サイト側をコピーコンテンツだと誤認させ、検索順位を下落させる
  • ターゲットのサイトを不正なサイトとして、Googleに申請する
  • ライバルサイトに質の高い被リンクを送る

上記の方法は一例ですが、基本的には「悪質サイトを検索結果の2ページ目以降に表示させる」ために、通常のSEO対策とは異なる手法が取られています。もちろん、ターゲットとなる媒体によって効果は異なり、実際に成果を上げるには高度なSEO関連知識が要求されます。

では、この逆SEO対策は実際に効果があるのでしょうか?下記で解説していきましょう。

『逆SEO』実際に効果はあるのか?

ターゲットがGoogleから悪質なサイトであると認められる(誹謗中傷・名誉毀損にあたる文面があるなど)場合、この逆SEOは大きな効果を発揮します。しかし、強固なIPを持つ巨大匿名掲示板の書き込みなどがターゲットの場合、検索順位が下がりにくく、SEO対策が難しいケースもあります。

 まとめ

逆SEOは、あくまで誹謗中傷サイトなど、悪質なコンテンツを公開しているサイトに対して、有効に作用するものです。もし逆SEOを悪用し、健全な運営をしているサイトをターゲットにした場合、重大なペナルティの対象となってしまいます。くれぐれも実施してしまわないよう気をつけましょう。

参考記事として、誹謗中傷・風評対策業者 おすすめランキング をご覧ください。