誹謗中傷・風評対策

誹謗中傷される原因とは?

他人を謗(そし)る「誹謗中傷」。人は、どうして無関係の他人に対して誹謗中傷のメッセージを送ってしまうのでしょうか?

本記事では、「誹謗中傷をしてしまう人の心理」「誹謗中傷をする人のタイプ」を解説し、最後に誹謗中傷を抑えるためのコツを解説していきます。

誹謗中傷する人の心理とは?

誹謗中傷をする人の心理として考えられるのは、おおむね以下の3つのケースです。

他人が成功している、あるいは目立っているのが面白くない

自分よりも優れや存在に対する妬みや嫉みから、心にもない言葉を送りつけてしまうケース。ネット上では、相手の人間性が見えにくく、「対人コミュニケーション」という感覚がどうしても薄くなってしまいがちです。そのため、どうしてもこうした誹謗中傷は送りやすい環境であるともいえてしまいます。

匿名ゆえの”無責任感”

誹謗中傷する人の共通点として、徹底的に「匿名」である点が挙げられます。自分を特定できないようにしてから他者を叩くのは、「自分の言葉に責任を持ちたくない」心情のあらわれであるといえます。

同調圧力による歪んだ正義感

炎上をすると、どこからともなく誹謗中傷メッセージを送る人が大量に発生します。優位な多数派に便乗し、誹謗中傷を送る人の心理は、「(便乗しているだけなのにもかかわらず)自分は義憤に駆られている」と思い込んでいる状態であることが挙げられます。

ケースによっては、本当にさまざまな「誹謗中傷する人の心理」がありますが、おおむね代表的なものとしては上記3つが考えられます。

それでは、続いてこうした心理に陥りやすく、「誹謗中傷をしやすいタイプの人」を解説していきましょう。

誹謗中傷をしやすいタイプの人は?

誹謗中傷しやすいタイプの人は、おおむね以下の2種類。細かく区別すればもっと多くのタイプの人がいますが、今回は特に多いタイプのみを抜粋しました。

自分に自信がない(自己肯定感が低い)

自分に自信がない人は、一見穏やかに見えますが、実は他人を非常に攻撃しやすい傾向にあります。なぜなら、自分に成功体験がないので、自分の中に他人の成功を「許容」し、賞賛するほどのキャパシティが存在しないためです。

他人に流されやすい

他人に流されやすいタイプの人は、何らかの炎上案件が起こってしまった際に、他人が叩いている状況に参加してしまいがちです。炎上した際に寄せられる多くの誹謗中傷コメントは、このタイプの人々によるものです。一方、多数派になりにくい状況では誹謗中傷コメントを送るタイプではありません。

こうした人の中でも、さらに悪意のあるタイプと悪意なく誹謗中傷を送ってしまうタイプの2タイプがいます。後者のタイプほど、誹謗中傷を長い間送ってくる人物になりがちなので、速やかに対処をすることをおすすめします。

それでは、最後に「誹謗中傷されないためには何が必要なのか」を解説していきます。

誹謗中傷されない為には何が必要か

前置きとして、ネット上で有名になってくると、誹謗中傷する人というのはどうしても発生してしまいますので、完全にシャットアウトすることは不可能です。

ですが、誹謗中傷を抑える手段もあります。「過度に自分を礼賛しない」「特定のコンテンツ・人物を批判しない」等、全体的に謙虚な姿勢でいることです。目立ちにくくはなってしまいますが、火の粉は撒かれにくくなりますので、余計なトラブルに巻き込まれたくなければ、普段からターゲットにならないようにうまく発言していきましょう。

誹謗中傷に対して理解を深め、自由な自己発信ができるよう願っております。