誹謗中傷・風評対策

JPナンバーに書かれた情報や悪評を削除する方法まとめ

JPナンバー削除

JPナンバーは電話番号を入力すれば事業所を特定できる便利なサービスです。私自身も知らない番号かかってきた電話は一旦出ずにJPナンバーで検索することがよくあります。

しかし便利に利用できる反面、誰でも登録が可能でコメントを残すことができるため、個人の番号か登録されていたり誹謗中傷コメントが残されていたりするケースが増えてきています。

会社や個人の名誉損ねかねない場合もあり、非常に大きなリスクを抱えたサイトでもあるのがJPナンバーです。

ここではJPナンバーに残されてしまった不都合な情報を削除する方法についてまとめていきます。

JPナンバーとは

JPナンバーとはJPナンバーは、電話番号、店舗名、会社名、住所、業種などから電話番号の情報が検索できる無料サイトです。登録は不要で、電話番号やた事業者情報や口コミを書き込むことができます。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで電話番号検索したときに、JPナンバーは必ず検索結果の上位に表示されるのも大きな特徴です。

またJPナンバーは「迷惑電話」「勧誘」などの書き込みをすることも可能です。場合によっては誹謗中傷とも受け取れる書き込みがみられることも少なくありません。

JPナンバーは、運営会社名も公表していません。広告収入がサイト運営の原資になっていると思われるので、多少の悪評は放置されているのが現状です。

また、JPナンバーは検索エンジンでヒットすることも多く、不特定多数のひとに悪評や誹謗中傷が見られる可能性があります。

JPナンバーに掲載されやすい内容は?

誰でも登録や口コミが書き込めるJPナンバーですが、いったいどんな内容が掲載されやすいのでしょうか?

「〇〇の会社さんです」「××便のひとでした」などの削除の必要のない書き込みもありますが、多くは削除したい悪評の口コミがほとんどです。

特に多いのが

「営業電話」「迷惑電話」「詐欺電話」

などのトラブルにつながりやすい電話にまつわる口コミです。

詐欺については近年手口が巧妙化しており、人が直接電話をかけるのではなく、自動でランダムに電話をかけ、自動音声でお金をだまし取るという手口など、その手法を周知するための場所としても利用されています。

一方でセールスで使われる営業電話も迷惑電話と同義でとらえられてしまうことが多いです。

電話番号とともに書き込まれる内容の中には、企業名を指摘して「何度も勧誘電話がしつこかった」というような内容のコメントが残されていることがあります。詐欺電話だけではなく、営業電話も悪評のたまり場になってしまいます。

JPナンバーの投稿者は特定可能?

JPナンバー特定

JPナンバーの投稿者の特定は個人レベルだと非常に困難になる場合がほとんどです。

プロバイダー責任制限法という法律があります。被害者が損害賠償請求権を行使するために、情報発信者の氏名や住所が必要である場合、そこに正当な理由があればプロバイダーに情報開示を求めることができます。

プロバイダーだけに情報開示請求できると思われがちですが、プロバイダー責任制限法に書かれている「特定電気通信役務提供者」の中には、ウェブサイトの運営者も含まれ、JPナンバーに対しても情報開示請求は可能です。

しかし、個人がこのような手続きを行っても、個人情報保護の観点からなかなか情報開示されない、または交渉に時間のかかる場合があります。

その場合は後述のようにJPナンバーの運営に悪質な口コミの削除を依頼するのが賢明でしょう。

JPナンバーの口コミを削除する方法は?

JPナンバー削除

JPナンバーは運営者に直接依頼を行うことで削除が可能です。

削除に関するガイドラインは以下のようになっています。

不適切な内容:不法なコンテンツ、またはそのようなコンテンツへのリンクを含む口コミは投稿しない。このような口コミの他、盗作や、他のサイトからのコピーを含む口コミも削除の対象となることがあります。

宣伝やスパム: 宣伝に口コミを使用する、同一または類似の口コミを複数のお店や会社に投稿する、評価を操作する目的で偽りの口コミを投稿する、別のウェブサイトへのリンクを含めるなどの行為を行わないでください。

利害に関する問題: 価値のある口コミとは、偏見のない正直な口コミです。動機はどうであれ、偏見のある口コミはその信憑性が損われます。

個人情報:個人情報保護方針により、個人フルネームや、住所など特定の個人を識別できる情報の口コミは削除の対象となります。

上記のガイドラインを参考に下記アドレスまでにメールを送りましょう。
webmaster@jpnumber.com

こんなテンプレートに沿って記述するといいかもしれません。

件名:掲載されている口コミの削除依頼について
メール本文:
JPナンバー運営者様

突然のご連絡失礼いたします。
〇〇と申します。

この度はJPナンバー上の「〇〇(問題の口コミが投稿されている電話番号とURL)」の
「〇〇(投稿時刻※ユーザー名右側)」の口コミ投稿の削除依頼についてご連絡差し上げました。

この投稿の「〇〇(問題の表現・内容)」という部分は、
「クチコミ削除の基準」の「〇〇」に該当します。

(説得力を持たせるために実際に被った被害の内容を記載する)

こちらについては弁護士と協力し、場合によっては訴訟、
慰謝料請求など適切な法的措置を求める予定です。

大変お手数ではありますが、該当投稿の削除をよろしくお願い申し上げます。

JPナンバーの削除がうまくいかなかった場合

メールで削除依頼を出しても全く対応してもらえず、うまくいかない場合があります。その際は弁護士に相談 逆SEO業者に対策を依頼するのがおすすめです。

弁護士にJPナンバーの削除を相談

まずは法律の専門家である弁護士に相談するのがベターです。ITトラブルを専門にしている弁護士に依頼するのがおすすめです。

法律のプロである弁護士に依頼すすることで削除したい内容がどんな法律に違反しているのか、その根拠を示してもらうことができます。また、弁護士資格を持っていない代行業者が削除の代行申請を行うのは非弁行為(違法)となっています。

また、その口コミが非常で悪質である場合、企業に大きな損失や損害を与える場合があります。JPナンバーに書き込まれた口コミも弁護士を通じて発信者の情報開示請求を行えば特定できる可能性があります。

ネットに強い弁護士まとめ
ネットに強い弁護士の選び方、探し方のポイント3つ!誹謗中傷を確実に解決しよう。ネットに強い弁護士は、他の弁護士と比べて、どのよう点で異なるのでしょうか。インターネット上の誹謗中傷の被害にあった時、ネットに強い弁護士...

逆SEOができる業者にJPナンバーの削除を依頼

次におすすめなのが逆SEOによる「JPナンバーを検索ユーザーから見えにくくする」手法です。

削除と同じくらい根気が必要な場合がありますが、削除がなかなか受け入れてもらえない場合は非常に有効な手段です。

逆SEO対策を行えば、検索結果の上位からJPナンバーを消し去るように成果を出すことは可能です。しかしそもそも施策を行うべきなのか、弁護士などに相談して情報の発信者開示請求を行い解決を目指すのかは慎重に判断する必要があります。

状況や実際に掛かる費用について見極めたうえで最適な手段を選びましょう

逆SEO対策の費用・相場
逆SEO対策の費用・相場について。検討する時の注意点などを紹介します。逆SEO対策の費用や相場はどのくらい必要なのでしょうか。ネット上で誹謗中傷を書き込まれてしまった時には、逆SEO対策を行うことで、Goo...

まとめ|JPナンバーの削除は正しい方法で

JPナンバーまとめ

JPナンバーは、日本で最大級の電話番号掲示板サイトです。公的なデータベースがないために非常に大きな力をもっています。しかし誹謗中傷の温床となったり検索結果上位に表示されて企業や個人の名誉棄損や実害に繋がったりします。

削除にガイドラインに抵触するものは毅然とした態度で対応を行いましょう。

© 2017-2020 風評対策マガジン All rights reserved.