誹謗中傷・風評対策

ネット誹謗中傷にあったら通報してみよう

SNSや匿名掲示板の規模が拡大している昨今、ネット上での誹謗中傷の書き込みを元に、逮捕者が出るケースも増えてきました。

今回は、もしネットで誹謗中傷に遭ってしまった時のために、どのように通報するか、どこに通報するか、準備するものは何か、などを解説していきます。

サイト・掲示板の管理者に通報

掲示板や、Webサイトに誹謗中傷にあたる書き込みがされていた場合、掲示板やサイトの専用フォームで削除依頼をすることで、書き込みを削除してもらうことができます。掲示板の場合は、大抵の場合削除ガイドラインが定められていますので、ガイドラインに沿っているかどうかを必ず確認し、削除依頼をするようにしましょう。

もし、誹謗中傷の書き込みが同一人物によるものであった場合、あまりにも悪質であれば、通報することでアクセス制限してもらえる場合もあります。

しかし、事件性のある書き込みは、単なる削除で解決しない場合もあります。続いて、そうした場合のために「サイバーポリス」をはじめとする、相談機関を解説していきます。

サイバーポリスへ相談

誹謗中傷の内容が明確な犯罪性のあるものだった場合、管理者に通報する以外の方法として、各都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口(サイバーポリス)に依頼する方法も存在します。

たとえ誹謗中傷でも、名誉毀損や威力業務妨害など、刑法上の犯罪にあたるケースは多く、そうした内容であれば警察も捜査に乗り出すことが可能です。

相談機関には、他にも類似のサービスとして、

  • 全国誹謗中傷相談センター
  • 弁護士ドットコム

などが存在します。Web相談窓口を設けている場合も多いので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

通報・相談する前に用意する証拠とは?

警察や相談機関には、通報・相談を行う前に、まずこちらで誹謗中傷の証拠、こちらの身分を証明するものを準備しておく必要があります。相談の際は、概ね以下のような物品・データを用意しておくのが望ましいでしょう。

  • 身分証明書、印鑑
  • 被害者の住所や氏名、年齢などのデータ
  • 該当サイトのURLやサイト名、書き込み日時
  • 書き込み内容(スクリーンショットで画像、テキストベースで文章の両方あると望ましい)

また、可能であれば書き込んだ人物の想定など、プロファイルとして分かる範囲でまとめておくと、説明の際にスムーズなやりとりができます。

犯罪性のある書き込みは通報を

名誉毀損、威力業務妨害、侮辱罪、信用棄損罪など、誹謗中傷は立派な犯罪にあたるケースも少なくありません。悪質だと判断した場合は、専門の相談機関に相談すると削除やIP開示などを迅速に行なってくれます。「警察に相談しても意味がない」と嘆く前に、一度連絡を取ってみるのも手です。