誹謗中傷・風評対策

tiktokの動画やアカウント削除一挙まとめ!トラブルにあっても大丈夫

tiktokの動画やアカウント削除一挙まとめ!

tiktokの動画やアカウントの削除はどのような手順で行えば良いでしょうか。tittokはスマホなどモバイル向けのショートビデオのプラットフォームとして2016年にリリースされました。

tiktokは、2018年には、流行語の候補にもなりました。ユーザー数も増えて、企業のプロモーションやマーケティングにも活用されるようになり、簡単に動画配信出来ることが若年層に受け入れられています。アプリでは、短い動画クリップの撮影・編集や特殊効果の追加なども行うことができます。

tiktokを楽しむユーザーが増加を続けている一方で、悪用するユーザーによる誹謗中傷の問題も発生しています。若年層が多く利用している分、一部の機能がいじめに使用されてしまったり、自分が悪意がなかったとしても不用意に投稿してしまった動画により、炎上を招いてしまうという状況も生まれています。

自分が投稿した動画を削除したり、退会する方法を知っておけば、アカウントを仕様していて、リスクを感じた時にも対処がしやすいです。削除の方法やアカウント削除の方法を紹介します。

Tik Tokにアップした動画の削除方法

Tik Tokにアップした動画の削除方法
Tik Tokはショートムービーを投稿して楽しむビデオコミュニティサービスです。スマホで気軽に撮影してすぐにアップロードできるため、情報の拡散がしやすい反面、リスクも存在します。tiktokに投稿された動画はYoutubeなどと比較すると、容易にダウンロードして、自分のスマホなどに保存することが可能なプラットフォームです。

自分が動画を投稿した後に、アップロードしたことを後悔して、取り下げたいと考えても、既に他のユーザーに配信されきった後で、多くの人にダウンロードされている可能性があります。場合によっては、ダウンロードされた画像がYoutubeなどにアップされて、自分自身にとって不都合な情報が再拡散されてしまうというケースもあるのです。

tik Tokの動画削除の手順はこうする

Tik Tokの動画削除の手順はこうする
Tik Tokの動画を削除すると、マイページにアップロードされた動画が作品一覧として表示されます。

作品一覧ページから、削除したい動画を選んで画面に表示させたら、右側にある「…(共有)」アイコンをタップします。

ポップアップメニューが表示されるのが確認できたら、ゴミ箱マークの「削除」ボタンを押しましょう。

そのまま進めていくと「確認」ボタンが表示ます。ボタンをタップすると、マイページに戻ります。作品一覧を見ると、動画が消えてなくなっていることが確認できます。

tiktokの動画を削除した後、復元可能?

Tik Tokの動画を削除した後、復元可能?
動画を削除する時に気を付けたいのは、一度削除した動画は、元に戻せないという点です。削除をするということは、tik Tokに使用されているサーバーから、動画のデータを消去するということです。

「折角好評だったのに、消してしまって皆の反応が無くなってしまった・・・」と後で後悔することも多いのです。削除する時は慎重に考えて、削除した後のこと、これまで見てくれたユーザーのことも考えて行動しましょう。動画データは保存しておいてから、削除するのがおすすめです。

tiktokのコメントの削除とは

tiktokのコメントの削除とは
tiktokは動画を投稿して、他のユーザーからのコメント投稿を見るのが楽しくて、続けている人も多いでしょう。

コメントの削除方法

人がアップしている動画を見ると、時々「このコメントは削除されました」という表示を見かけたことのある人も多いでしょう。削除されたという表示を見ると、tiktok側が、投稿された動画に問題があると判断して削除の対処を行っていると捉えられそうです。

実際には、コメント削除は、各動画の投稿者に対して与えられる権限です。

誹謗中傷のコメントが書き込まれてしまったり、悪意の書き込みを行ってくるユーザーのコメントは、自身の判断で削除しましょう。掲示板サイト等であれば、レスの削除はサイトの管理者側に対して、削除の申請を行う必要がありますが、tiktokの場合には、運営元に連絡を取る必要がなく、削除の手続きは簡単に可能です。

消したいコメントを長押しすると「削除」ボタンが表示されますので、タップすれば削除完了です。

特定のユーザーから何度も何度も同じような、悪質なコメントが繰り返し投稿される場合には、相手のアカウントページを開いて「ブロック」することも可能です。

tiktokの動画が勝手に削除されることもある?

tiktokの動画が勝手に削除されることもある?
自分で動画を削除したい場合には、上で紹介した流れで、削除の方を進めていけば良いのですが、これとは逆に自分が望む望まないに関わらず、知らないうちに自分の動画が削除されてしまうケースもあります。

苦労して撮影して、編集まで加えてしまった動画が、ある日消えてしまった。自分が大切にしていた動画が突然消えてしまうことが起こったとしたら、背後ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

tiktokで自分の動画が削除される理由は?

動画が削除されてしまう事象は無作為に発生してしまうわけではありません。悪意を持ったユーザーが、狙って削除しているわけでもありません。tikTokには、「ネットワークコミュニティ規約」という規約が設けられていて、利用にあたってのルールが決められいます。

規約の中では「利用者の規約違反コンテンツおよび行為」という項目が記載されていて、これらに該当するコンテンツはtikTokが違反行為とみなして、強制的に削除されてしまうのです。tikTokは、「美しい人生を記録して共有するインターネットプラットフォームとして、定義づけられたサービスです。このような定義に反して、ユーザーに対して不快な感情を抱かせてしまうコンテンツをtikTok側は許容しません。

1.公共の安全および個人の安全を危険にさらすコンテンツ
2.差別的および憎悪的発言
3.ポルノコンテンツ
4.ハラスメントおよびサイバーいじめ

参照:tiktokネットワークコミュニティ規約

動画に対して不愉快に感じたら、ユーザーの動画に対して、通報することが可能です。通報された動画が、上の項目に該当したとしたら、tiktok側からすれば、動画をコンテンツ上に残しておく理由はなくなるのです。苦労して撮影したり、編集した画像がある日消去されてしまうのはショックですが、tiktokの中は、プライベートな世界ではなく、インターネットの仕組みによって作られた公的な世界です。

モラルに反するような動画を投稿しないという姿勢は、炎上を起こすような火種を作らないという意味でも非常に重要です。

場合によっては、動画だけでなくtiktokアカウント削除も

不適切な内容をアップロードして、動画を削除されてしまったという事例は少なくありません。

規約違反によるアカウント削除

tiktokの規約を大きく逸脱するような行為を行ってしまったとすれば、最悪の場合、tiktokアカウントが削除されてしまうことも有り得ます。

事例としては、余程悪質な行為を働かない限りは、アカウント削除まで至ることがありません。twitterアカウントやはてなアカウントがBANされてしまうように、tiktok自体もプラットフォームとして提供されているコンテンツのため、違反行為に対しては、運営元は相応の対応を行います。

違反行為とみなされるような動画をアップロードしなければ、動画を削除されることもありませんし、アカウント削除されることもありません。

tikTokへの動画投稿は自己表現としては、楽しい事ではありますが、インターネット利用者としてのマナーは守りましょう。

tik tokのアカウント削除方法

場合によっては、動画だけでなくtiktokアカウント削除も
動画自体は上の方法で削除できたとして、アカウントの削除はどのように行えば良いでしょうか。動画のアップロードを普段から熱心に行っていたとしても、誹謗中傷やネガティブな書き込みが多すぎて、収拾がつかないケースでは、アカウントそのものをクローズさせてしまうよう削除してしまう方が良い場合があります。

tik tokアカウント削除の方法

アメブロなどを利用していて、既に利用しなくなったという場合であれば「退会」することで、これまで発信していた記事を消したり、プロフィール情報などを消去することが可能です。

tiktokは、「アカウント削除」することが、退会と同様の作業になります。

tiktokを開き、「アカウント」アイコンをタップし、画面右上にある「…」を押します。「プライバシー設定」 の中に「アカウント削除」の項目がありますので、ボタンを押し、進めていくことでアカウント削除をすることが可能です。

削除されたtiktokのアカウントは復活できる?

今後はTikTokを使わないと思い切ってアカウントを削除した後に、重要な動画などが残っていることに気づいて、やっぱり削除を保留したいという場合もあります。Tiktokはアカウントを削除しても、30日間の間であれば、復活させることが可能です。

まとめ│tiktokを存分に楽しむために動画・アカウント削除を知っておこう

tiktokはうまく活用すれば、自分の情報発信をして自己表現をしたり、ビジネスとして活用することも考えられます。

誹謗中傷に繋がってしまうのようなネガティブな情報発信は極力控えて、炎上の火種を作らないようにしましょう。閲覧するユーザーとして使用していたり、自分が動画をアップロードして、何か問題に突き当たってしまったら、トラブルを拡大させないように、情報削除の仕方を覚えておきましょう。

普段から真面目に動画をアップロードしている方であれば、いつか動画を削除したり、アカウントを削除したりする時に動画が全て消えてしまわないように、動画をダウンロードしておいたり、バックアップを取っておくことは重要です。

© 2017-2020 風評対策マガジン All rights reserved.