風評対策

誹謗中傷が起こそうとする加害者の動機を改めて考えてみた

誹謗中傷がインターネット上に起こるのにはどういった理由があるのでしょうか?実際に考えてみたいと思います。
 
もし、すでに誹謗中傷でお困りの方は理由を探すまえに対策が必要になりますので、当サイトで調べた「誹謗中傷対策・風評対策おすすめ会社一覧をぜひご覧ください。

誹謗中傷を起こす加害者の心理状況

以前、「誹謗中傷される原因とは」というのを掲載しましたがそれを似たような形になります。

ネット越しだから匿名でばれない

日ごろからストレスや怒りを感じてそれを日常生活でうまく消化できない人というのは一定数いらっしゃいます。その方の中で、一部の方がインターネット上で正義感を振りかざし誰かを罵倒することでまた一つまた一つとだれかに当たり散らして炎上させる、ということが考えられます。
インターネットの場合は、ネットを媒介するため対人で話しているというイメージのない方も多くいらっしゃいますのでこのあたりを解決することでインターネットももう少し平和になる可能性もあります。

憧れに対して裏返しの感情をもって妬んでいる

憧れがインターネットの場合すこし湾曲した感情を生み出すケースもあります。稼いでいる人やかっこいい人、利権を持っている人に対して「いいよね、私はこんなに苦労しているのに」と当たってストレスを解消したり、快楽を得たりする方も少なからずいらっしゃいます。
ただむずかしいのが、他の人をけなしているからといって、その人が必ずしもその人のことが嫌いであるとは限らないということです。こういった気持ちを一概に説明することは難しいですね。

負けず嫌い

インターネット上で自分よりすごいと思っている方に対して負けたくない気持ちからその人を貶めるためにいろいろと詮索したり、言及したりするという方もいるかもしれません。
またその人の悪いところや弱みを突くことで自分を強く見せたり、優位に見せることができるので批判というものはとても便利です。インターネットの場合は余計に簡単にできる印象があります。

誹謗中傷が起こる対外的な影響もある。

心理的な影響以外にも誰かを否定するときには対外的な影響があるケースもあります。
  • いきなり怒られた
  • お金を落とした
  • 借金をすることになった
など心理だけでなく外の影響でいきなり豹変する人ももちろんいます。このあたりがあるので誹謗中傷を簡単に理解しようとしてもなかなか難しい場合もあります。

誹謗中傷が起こってしまったら確認すべきこと

 
誹謗中傷が起こったらまずは落ち着いてプロに検討しましょう。検討が不安という方はまず当サイトで専門知識をつけましょう。