誹謗中傷・風評対策

放置は危険!Googleサジェストのネガティブワードを削除する方法

Googleサジェストのネガティブワードを削除する方法

Googleの検索窓に調べたいキーワード入力すると、自動で関連するワードを提案してくれる便利なサジェスト機能。しかし、サジェストにもしも風評や誹謗中傷のワードが表示されてしまったら大きな被害を受けしまいます。本記事では、サジェストに予期しないネガティブワードが表示されてしまった場合に自分できるGoogleへの削除申請の手順や、もし削除が認められなかった場合の対策方法についてご案内します。

Googleサジェストとは

Googleサジェスト

Googleの検索窓にキーワードを入力すると、そのキーワードに応じて、関連したキーワードの候補が表示されます。これをサジェスト機能と言います。サジェスト(suggest)は、英語で「提案する」「連想させる」という意味があるように、検索キーワードと一緒に入力すると目的のページに行きつきやすいだろうというワードをGoogleが提案してくれているのです。

ユーザーが調べたいワードを自動で推測し候補を表示してくれるサジェスト機能は、ユーザーにとっては検索する際に文字を打つ手間が省けるだけではなく、これから検索したいワードがどういった語句に関連するものなのか素早く知る事も出来る画期的な機能と言えます。現在、サジェストはGoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンだけではなく、YouTubeやTwitter、InstagramなどのSNSやLINEなどのアプリでも利用されているとてもメジャーな機能です。

しかし、サジェストに表示されるワードはGoogleが独自のアルゴリズムを使って機械的に選出している語句。ある個人や企業にとっては、名誉毀損(事実の場合も含む)や風評被害となるワードが表示されてしまう場合もあるのが現状です。

Googleサジェストに表示されるワード 3つのポイント

Googleサジェストワードに表示される条件は?

Googleはサジェストに表示するワードを選定するアルゴリズムに関して、どういう条件でワードを表示するのか明確に公開している訳ではありませんが、サジェストワードは以下の条件に当てはまるものが表示される可能性が比較的高いと言えます。

1.検索ボリュームの高いもの

検索ボリュームとは、GoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンで対象のワードが検索される回数の事を言います。検索ボリュームが大きいと言う事は、そのワードで多くのユーザーが検索をしているワードであると言う事です。

例えば、多くのユーザーが検索ワードとして「オリンピック チケット」と検索していて、「オリンピック チケット」という検索ワードのボリュームが大きいとします。そうすると、Googleはそのデータを受け、多くの人のニーズに応えるために「オリンピック」と打ち込んだ時に「オリンピック チケット」とサジェストに表示させるようにする訳です。

2.検索しているユーザーの位置情報

ユーザーが検索している地名や検索ワード(建造物など)の位置に基づくデータや、ユーザー自身の位置情報・使用言語に基づくデータもサジェストワード選定のポイントとなります。

端末ベースの位置情報の取得方法としては、GPS 信号、端末センサー、Wi-Fiアクセスポイント、通信を行っている携帯電話会社の基地局などが挙げられ、それらの情報に基づき位置を特定します。

3.サジェストワードがGoogleにインデックスされているサイト(ページ内)に存在している

「Googleにインデックスされているページに多く含まれているワード」というのもサジェストに表示される理由のひとつと言えます。先ほどの「オリンピック」という検索ワードを例にするなら、直近で「聖火ランナー」の情報が発表された場合、「オリンピック」「聖火ランナー」という2つのワードを含むサイトが多く発信されます。ユーザーが高い関心を持つトピックなので、当然「オリンピック」「聖火ランナー」のワードを含むサイトへのアクセス数は増えます。Googleはそういったデータを受け、「オリンピック」と検索するユーザーに向けて「オリンピック 聖火ランナー」というワードをサジェスト欄で表示するようになります。

たくさんの人が検索していると言う事は、情報(サイト)の数も多いと言えますし、それらのサイトに共通して書かれているワードがサジェスト候補として表示されれば、確かにユーザーとしては便利ですよね。

Googleサジェストに表示されたネガティブワードの影響について

さて、検索ワードと関連性の高いワードを自動で表示してくれる便利なGoogleのサジェスト機能ですが、そのワードにネガティブなワードが表示されてしまった場合、どんな悪影響があるのでしょうか?

あるサービスについて検索しようとした際、サジェストワードに「詐欺」や「犯罪」などの不安にさせるワードが表示されていて、ついそのワードを選んでしまったという経験はないでしょうか?こういったネガティブイメージのあるワードはクリックされやすいだけではなく、クリックした先にある検索結果の上位に「2ch」や「5ch」などの風評が書き込まれやすい掲示板サイトや、企業であればブラック企業やサービス残業などといった中傷投稿の多い「転職会議」「キャリコネ」などの転職口コミサイトが表示される可能性が高く、折角興味を持ってくれたユーザーが企業へのイメージを悪くしてしまうような書き込みに触れやすくなります。

サジェストに表示されているワードを全面的に信じた訳ではなくても、「表示されているということは、危ない企業なのかな?」などと感じ、結果として悪い印象を持ち始めるきっかけになってしまうのではないでしょうか。

さらに、風評ワードを伴うサジェストから飛んだ悪質サイトのスクリーンショットがSNSで拡散され、二次的被害的に悪評が拡大してしまう事もあります。世界でも日本国内でもシェア率No.1を誇るGoogleのサジェストにネガティブなワードを残したままにすると言う事は、企業のブランドイメージを失墜させるきっかけを多くの人に提供したままにしている、という事と同じです。

Googleサジェストのネガティブワードを削除する事はできるのか

Googleサジェストのネガティブワードは削除可能なのか

基本的に、Google独自のアルゴリズムで選出されたワードは、ユーザーのニーズに合っているとみなされ削除してもらう事は難しいと言えます。しかし、そのネガティブワードが明らかに本人特定可能な(公開されていない)個人情報だった場合や、事実無根の嘘だった場合など、法律に違反していると証明できる場合は削除してもらえる可能性もあります。

「ブラック企業」などのワードは、事実無根だった場合企業からも証明できるので削除してもらえる可能性は高めですが、Googleは検索ユーザーの「知る権利」も尊重しているため、事件が起こっていた上で表示された「事件」「逮捕」等のワードに関しては削除が認められない場合も多数存在します。

Googleでは「オートコンプリート ポリシー」という約束事を定めており、この規約に違反しているワードであった場合は削除できる可能性も高いので、削除申請をする前の参考にしてみて下さい。

暴力的または残虐な内容の検索候補
見る人に衝撃を与えること、世間を騒がせること、または不当に不快感を与えることを主な目的とする、暴力的または残虐なコンテンツに関連した検索候補は認められません。

露骨な性的表現、下品な表現、冒とく的な内容を含む検索候補
露骨な性表現、卑猥または下品な描写を含む検索候補は認められません。

特定の集団に対して差別的な内容の検索候補
特定の集団に対する憎悪をあおる、容認する、または助長するような検索候補は認められません。

著名人に対する不適切かつ中傷的な検索候補
著名人に対して中傷的または不適切と考えられる検索候補は認められません。

危険な検索候補
人や動物に直ちに深刻な危害をもたらす、またはそうした危害を助長するような商品、サービス、情報の宣伝に関連する検索候補は認められません。

Googleヘルプページ「コンテンツの削除リクエスト」より一部抜粋

ネガティブワードを削除にするには?

では、具体的にGoogleのサジェストに表示されてしまったネガティブワードの削除申請方法を説明します。こちらの方法は、個人の場合は基本的に権利を侵害された本人のみ可能ですので、必ず被害者の立場の方が行うようにしてください。

Googleにサジェスト削除の申請をする手順

削除の申請は、Google公式の「法律に基づく削除に関する他の問題を報告する」のページから行う事が出来ます。
Googleサジェスト削除申請フォーム

  1. 「申立人の情報」の情報を入力していきます。
    「居住国」「戸籍上の姓名」「メールアドレス」の3点は必須事項ですので空欄は不可です。削除申請をするサジェストの検索ワードが企業名や商品名の場合は、「会社名」も入力しましょう。
  2. 「権利侵害にあたるとお考えのコンテンツ」の入力をします。
    こちらの入力が重要なので、ひとつひとつ丁寧に記入していきましょう。
  • コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード
    個人名や企業名、商品名などの検索ワードを記入します。

  • 検索キーワードの入力中に表示された、不適切とお考えの予測キーワード
    削除したいキーワードを記入します。

  • 権利侵害にあたるとお考えのコンテンツが表示される国
    日本のGoogleサジェストに表示されている場合は「日本」のままにしておきます。

  • ご自身の国で適用される法律に従いその検索候補が違法となる理由をできる限り詳しくご説明ください
    サジェストに表示されたネガティブなワードが、日本のどの法律やオートコンプリートポリシーのどこに違反しているかを明確にして記入しましょう。Googleの場合、パソコンとモバイルではサジェストの表示が違う事がありますので、どちらに表示されているのかも忘れず記入するようにして下さい。
検索窓
GoogleやYahoo!サジェストに出たネガティブキーワードを消す・削除する方法検索エンジンを使って何か検索する際に、検索窓のすぐ下に表示される「サジェスト機能(Yahoo!では、入力補助機能)」ですが、枠内に知らな...

Googleに申請してもサジェスト削除できなかった時の対処法

Googleに申請してもサジェスト削除できなかった時

申請をしてから1~2週間程度Googleから何の返答もなかった場合や、削除不可という連絡が来た場合、または何らかの都合で自分では削除申請が送れないという場合の対処法について説明します。

弁護士に代理申請してもらう方法

上記の「ネガティブワードを削除にするには?」という項目で、申請は「基本的に権利を侵害された本人のみ可能」と書きましたが、弁護士は「代理」として被害者の代わりに削除申請を行う事ができます。

インターネットのトラブルに詳しい弁護士に頼めば、消したいワードがどんな法律に違反しているのかをしっかり調べてくれますし、Googleへの申請も行ってくれます。申請時に書かなければいけない説明も、経験から申請が通りやすい文面で書いてくれますので、個人で行うよりも各段に削除される可能性は上がるでしょう。弁護士に依頼するのは値段が高そう・・・と心配な方は、まず無料相談を受け付けている弁護士に相談してみると良いでしょう。

誹謗中傷・風評対策業者に依頼する方法

削除したいネガティブワードが法律に違反している場合は削除が可能である場合もありますが、そうでなかった時は削除は認められません。法律違反ではないと判断されてしまった場合は、誹謗中傷対策会社にサジェスト対策を依頼するという方法があります。それぞれの業者独自の施策を行う事でサジェストに出現したネガティブワードを非表示化します。

「削除」する訳ではないので、Googleの直接申請した場合よりも効果を感じるのに時間がかかってしまうデメリットはありますが、弁護士に依頼するよりも価格が安くすむメリットもあります。非弁行為である「削除代行」をするような悪質な業者に当たってしまわないように、業者を選ぶ際はしっかりとヒアリングを行いましょう。

まとめ

いまでも世界で90%以上のシェアを誇るGoogleのサジェストにネガティブワードが出てしまった場合のリスクや削除申請の方法などをご紹介しました。Googleへの申請は被害者本人であれば可能なので、もしも困っている場合は自分で申請してみて下さい。申請をする前に、無料相談を行っている弁護士に削除見込みがあるかどうかを相談しておけば、自身を持って申請できるでしょう。

どうしても自分で削除する事が難しい場合は、弁護士に代理申請して貰うことも視野に入れましょう。その際は、しっかりとインターネットトラブルに強い方を探してくださいね。法律違反が認められなかった場合は誹謗中傷対策を行っている会社に相談しましょう。サジェストに出現したネガティブワードの被害はどんどん広まっていきます。見つけた場合は迅速に削除への対策を行うことが大切です。

© 2017-2020 風評対策マガジン All rights reserved.