風評対策の方法

Googleサジェストの対策一挙まとめ!サジェストの仕組みや具体策も紹介します。

Googleサジェストの対策まとめ!

サジェスト対策は、Googleの検索窓に見せたくないキーワードを表示されないようにするように行う施策です。

検索エンジンで検索を行うユーザーが興味を持っているキーワードが検索候補として表示される検索サジェスト、会社名や個人名を入力した時に表示されるサジェストにネガティブなキーワードが表示される状態になってしまった場合には、企業ブランドや個人ブランドを損なってしまうことがあります。

ユーザーが検索するのを補助してくれるサジェストに後ろ向きな情報が表示されることで、ユーザーが抱いている関心が、誹謗中傷などが書かれた、ネガティブな情報にアクセスされる状態が作られてしまいます。

Googleサジェストの表示の仕組みや、風評被害などに対しての対策方法なども紹介します。

Googleサジェストとは?

Googleサジェストとは?風評対策の必要性
サジェストとは、Google検索エンジンの機能である「予測表示」のことです。検索窓に特定のキーワードを入力した時に、そのキーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードが連なるように表示されます。

サジェストとブランドイメージ

検索を行うユーザーが全てのキーワードを入力しなくても、関連するワード、多くのユーザーが関心を持っているワードが自動的に入力されるため、自分が関心を持っているキーワードを入力したユーザーが特定の情報に辿り着きやすくなります。

また、この機能が後ろ向きに作用してしまうと、誹謗中傷に値するキーワードがインターネット上に蔓延してしまった時に、ネガティブなキーワードが検索窓に表示されてしまうことで、多くのユーザーが企業名や個人名に対して、悪いイメージを抱いてしまいます。

名前に関するブランドが傷つき、企業の場合には、内定辞退が増えたり、個人の場合には、本人が行っている活動などに支障をきたしてしまう場合があるため、このような状況にならないように対策が必要になります。

Googleサジェストが表示される仕組み

Googleサジェストが表示される仕組み 対策の必要性
Googleサジェストは、自分が知りたいキーワードについて調べたい検索ユーザーがこれまでに検索した頻度、世間で流行したキーワードや、過去に行った関連するキーワードを元に、どのようなキーワードが表示されるかが、決定します。

また、特に店舗名などを調べる場合には、地域名が店舗に紐づく形で表示されます。

  • 過去に検索された頻度
  • 流行のキーワード
  • 地域 など

当然、日本国内で検索する場合と、国外で検索する場合には、調べる地域名や言語も異なります。

サジェストの仕組みは?表示されるキーワードやサジェスト汚染の改善まで
サジェストの仕組みは?表示されるキーワードやサジェスト汚染の改善までサジェストに表示されるワードや、サジェスト汚染が起こった時、改善に使えるサービスにはどのようなものがあるでしょうか。会社や個人のネームバ...

Googleサジェストの対策が必要?ブランドが傷つく場合

Googleサジェストの対策が必要?ブランドが傷つく場合
自分が関心を持っている企業名や個人名で検索をするユーザーが、キーワードを入力した時に、サジェストにネガティブな内容が表示されてしまったら、どのように感じるでしょうか?

検索ユーザーが知りたい情報

これから入社したいと考えているユーザーが「〇〇株式会社 ブラック」などと表示されてしまったのを見たとしたら、その会社に入社することを止めてしまう可能性があります。

名前を入力するユーザーは、評判や口コミを知りたがっている傾向があります。

「あのカフェにいってみたい」そのように考えて、カフェの名前を入力するユーザーは、カフェ自体の連絡先やアクセスを知りたがっているのに加えて、第3者がそのカフェをどのよう捉えているか、を知りたいと考えています。

「コーヒーが美味しいのか」「店員さんは親身に対応してくれるか」「クレームなどが発生していないか」「多くの人は、どのような口コミを書き込んでいるか」ユーザーはこのような内容を知りたがっている傾向にあります。

芸能人などの場合でも「〇〇〇〇 炎上」「〇〇〇〇 ブサイク」などのサジェストが表示されてしまったら、本人の人柄について、ポジティブな印象が持ちづらくなります。

Googleサジェストにより、ネガティブな情報にアクセスしやすくなる?

Googleサジェストへの対策と、ネガティブな情報
ネガティブなキーワードが表示されてしまうことで、後ろ向きなネームバリューがつきまとうことになり、検索するユーザーが名前に紐づいた悪い評判などが情報が書き込まれたサイトにアクセスしやすくなってしまうのです。

インターネット上に、ネガティブな情報が書き込まれたWEBサイト、wikiページ、まとめサイトなどが存在していることで、サジェストにも後ろ向きなキーワードが表示される可能性が増えていきます。

検索してもポジティブな情報しか存在していない状況であれば、名前で検索をしても、ユーザーはネガティブな印象を抱かず、風評が書き込まれたページなどにもアクセスすることはありません。

中傷が書き込まれたサイトが複数存在してしまうことで、ユーザーがそれらのサイトにもアクセスしやすくなり、サジェストにもマイナスのキーワードが表示されやすくなります。

「マイナス情報のスパイラル」Googleサジェストに、このような風評被害が発生すると、名前のブランドを守るための対策が必要になります。

Googleサジェスト対策の必要性と事例

企業であれ、個人であれ、インターネット上で情報発信を行う場合には、検索エンジンは無視できないほど、効力を発揮しています。

サジェストにどのようなキーワードが発生しているか把握しておくことで、ネームバリューを守ることが出来ます。


名前に関するネガティブなキーワードが表示されてしまったら削除するなどの対策を行い、プラスの情報を表示させたい場合には、ポジティブな情報発信を行うことで、良い情報、口コミや評判に関するキーワードが表示されやすくなります。

精度の高い対策を行うことを考えると、検索エンジンに対して、長期的な施策を行う必要があります。WEB上のネームバリューを高めるためのブランディングを行いたい場合には、どれも一朝一夕では成立しない場合が多いです。

長い期間を投じて、施策を行っていくことが、結果的に企業名や個人名の価値を引き上げていくことになります。

Googleサジェストに表示された内容は真実か?

Googleサジェストに表示される情報は、全て真実なのでしょうか。サジェストは過去に検索された、Google上の検索クエリの累積や、ユーザーの関心の高い流行のキーワード、地域に関するワードなど、様々な要因・データを蓄積から、表示されるキーワードが決定されます。

ネット上に公開されている偏った情報が、検索するユーザーのニーズと結びつく、これらが反復されていくことにより「サジェスト汚染」と呼ばれる、ネガティブなキーワードによって、サジェストが埋め尽くされてしまう、という状況が発生してしまうのです。

サジェストの対策を行う前に、Googleでどのような情報が表示されるか

サジェストの対策を行う前に、Googleでの表示
サジェストは、検索を行うユーザーの関心を反映して、表示されていきます。普段から、サジェストにどのような内容が表示されているか、この点を把握しておくことは、ネームバリューを守ることにつながります。

ある企業名や個人名について、キーワードを入力した時に、検索ボリューム(一定期間にどのくらい検索されるかを表した数値)が少ない場合は、サジェストに関連するキーワードが表示されないこともあります。

また、ポジティブなキーワードのみ表示されていて、ネームバリューを損なう心配がない、良い情報が書き込まれたサイトが検索されやすい状態になっているのであれば、ブランドイメージを損なう心配はありません。

サジェストの内容を把握しておくことは、自分の個人名や、自分の会社名などについてのユーザーの関心を知ることになるのです。サジェストキーワード取得ツールなどを使用すれば、あるキーワードに対して、どのようなサジェストが表示されるか、ユーザーがどのような関心を持っているかなどを調べることが可能です。

スマートフォンの普及率は、2019年までの約20年間で20倍に膨れ上がっています。ネームバリューを守る、名前のブランド力を高めるためには、検索エンジンに対しての対策は無視できなくなっているのです。

引用:20年で20倍に!スマホとPCの普及率がどこまで伸びたか調べてみた

サジェストに対して対策することが、インターネット上のマーケティング・ブランディングを進めるにあたって、非常に効力が出てきている状況ですので、個人名や会社名に箔をつけておく意味でも、早めの対策を検討しておくと良いでしょう。

対策しなきゃ!サジェスト汚染が発生してしまう事例

サジェストがネガティブな情報で埋め尽くされてしまうと、企業名や個人名などのネームバリューをじわりじわりと蝕んでいきます。一度ネガティブなキーワードが表示され始めると、検索ユーザーは特定の企業名や個人名について、後ろ向きな印象を抱くようになります。

真実でない、また事実でない情報であってもインターネット上で拡散されてしまうことによって、検索エンジンに対してもネガティブなキーワードが認知されやすい状況が生まれます。

企業ブランドが損なわれた例

不動産会社に勤めるBさんは、打ち合わせである日、取引先から「御社も最近、大変そうですね」と心配の声を掛けられました。その日は特に気に留めていませんでしたが、数週間経ったある日、同じような一言を別の会社から、言われました。

不可思議に感じたBさんは、ある日、気づきました。Googleで社名のキーワードを入力した時にサジェストで「倒産」というキーワードが表示されているのです。検索結果を調査したところ、掲示板サイトに「〇〇社は、倒産するという噂だ」という根も葉もない噂が書き込まれていました。

ネガティブな噂が書き込まれたページがインターネット上に存在することで、ユーザーが後ろ向きな情報にアクセスしやすくなり、根拠のない悪い噂が企業ブランドを損なっているのです。Bさんは、誹謗中傷対策業者に依頼することで、サジェストにネガティブなキーワードが表示されないように対策しました。

数か月施策することで、ネガティブなキーワードが検索結果に表示されなくなり、悪い噂も立たなくなりました。

サジェスト汚染が始まると、長い時間をかけて、企業の営利活動や、個人の活動に支障をきたすようになります。もし、サジェストに後ろ向きなキーワードが表示されている状態を発見したら、適切な関係先に相談しましょう。

ネットトラブル
サジェスト汚染のやり方とは?万が一被害にあった時の対策方法まとめサジェスト汚染とは、特定のワードで検索をした際に「逮捕」「汚い」などのネガティブなワードで埋め尽くされることです。 普段何気なく使...

対策の方法 Googleのサジェストをキレイにしよう

対策の方法 Googleのサジェストをキレイにしよう
Googleのサジェストにネガティブなキーワードが表示されないようにするためには、いくつかの方法があります。

誹謗中傷対策会社にGoogleのサジェスト対策を依頼する

WEB上の誹謗中傷に関する対策を行ってくれる風評対策を行っている会社があります。検索エンジンに対する深い知見・経験を持っている業者であれば、サジェストに対する対策方法を確立しています。

専門知識を有している業者に対策してもらうことで、サジェスト上に不都合のキーワードが表示されないようにすることが可能です。

  • サジェスト対策の費用 : 月額5万円前後 ~
  • 対策期間       : 3か月程度 ~ 

費用や期間の目安は上記です。検索エンジンに対する施策は、キーワードの検索ボリュームなどの難易度によって、異なります。ある個人名やキーワードで行った対策が、別のキーワードでは通用しない場合があります。

対策については、個別具体性が求められますので、詳細な金額・必要な対策期間を把握したい場合には、業者に相談してみましょう。

弁護士を介して削除する方法

Googleへサジェストへの対策を弁護士に依頼
誹謗中傷が書き込まれたサイトや、検索エンジンに対して削除申請を弁護士に依頼することで、サジェスト対策を行うことが可能です。

誹謗中傷の法的解決

思慮のないユーザーに書き込まれてしまった、誹謗中傷がネームバリューを低下させてしまっている状態があれば、中傷の内容は名誉棄損や侮辱として、訴訟できる可能性があります。

誹謗中傷を解決したい場合には、法律の問題に踏み込む場合があります。中傷が書き込まれたサイトに対して、また風評に値する情報を書き込んだ情報の「発信者」についての対処は、法的な手続きを行うことで、解決を図ります。

弁護士は、このような法律が関わる問題ついては、スペシャリストであるため、弁護士を通して、対策することで、サジェストに表示されるネガティブな検索ワードを削除するよう進めることが検討できます。

風評被害にあった時の対処法!弁護士に依頼する時に注意したいこと風評被害で、弁護士の手を借りたいときはどのような点を見極めて、依頼をすれば良いでしょうか。ネット風評被害に、法的手続きによる強力なサポー...

検索エンジンに申請する方法

Googleは、オートコンプリートポリシーと呼ばれる、サジェストの情報削除に関するルールを設けています。自分自身で削除依頼を行うことで、Google側が、削除に応じてくれる可能性があります。

削除依頼を行うときには、書き込みが法律的に問題がある、などの明確な理由が必要です。

差別的な用語が含まれていたり、性的な表現が含まれている、暴力的な表現が使われている、など、「削除する必要がある」という理由をGooglreに対して説明して、検索エンジン側で対処する必要性が判断された場合に、削除してもらえます。

何度も申請して、失敗してしまうと、Googleから回答してもらえなくなりますので、法的な知識を持っている弁護士に確実に対処してもらうことで、ネガティブなワードがサジェストに表示されないように対策することが可能です。

状況に応じて、弁護士に対応したほうが良い場合と、誹謗中傷対策業者に依頼したほうが良い場合があります。公的機関としては、法務局に相談窓口なども設けられていますので、専門家の意見を聞きながら、対処していきましょう。

まとめ│Googleサジェストの対策は、プラスの効果を生む

Googleのサジェストは、企業名や個人名などのネームバリューに影響を及ぼします。ポジティブな関連キーワードが表示される場合には、ユーザーがプラスの情報にアクセスするように、良い効果を生みますが、ネガティブなワードが表示されてしまうことで、マイナスの情報にアクセスしやすい状態が生まれます。

「サジェスト汚染」の状態まで発展してしまうと、ネガティブな情報拡散による負のスパイラルが起こり、営利活動に壊滅的な影響を与えてしまうこともあります。自身に関する名前や会社名で、ネガティブなキーワードがサジェストに表示されてしまった状態を発見したら、すぐに誹謗中傷対策業者や、弁護士などへの相談を検討しましょう。

© 2017-2020 風評対策マガジン All rights reserved.