風評対策

自社の評判の調べ方とは?

自社の評判を調べることは「ビジネスエゴサーチ」や「ソーシャルリスニング」と呼ばれ、現代におけるマーケティングには欠かせないものとなっています。

本記事では、自社の評判の調べ方を、SNS、Webコンテンツ両方解説し、補足として「悪評が書かれている場合の対策」についてもお伝えしていきます。

FacebookなどのSNS上での確認方法

SNSで自社の評判を知るには、「Yahoo!」が提供するリアルタイム検索機能を活用するのがおすすめです。TwitterやFacebookなど、SNS上で自社にかかわる内容を投稿している呟きを簡単に絞りこめます。Instagramでは、ハッシュタグをつけて検索することで、手軽に評判を調べられます。

法人では、自動監視ツールなどを使うのも手ですが、小~中規模の事業者であれば、そこまで頻繁にエゴサーチをする必要はないかと思われます。リアルタイム検索は無料で使えますので、SNS上の評判を手軽に知りたいのであれば、活用していきましょう。

それでは、続いてさまざまなWebコンテンツ上での評判を調べる方法を紹介していきましょう。

Webコンテンツ上での確認方法

匿名掲示板をはじめとする、Webコンテンツ上での自社の評判を調べたい場合、無料・有料問わず、さまざまなビジネスエゴサーチの手段がありますので、効率よく評判を調べる際は検討してみるとよいでしょう。

Yahoo!のリアルタイム検索と同じく、無料でWebコンテンツ上の評判を確認する手軽な方法としては、「Googleアラート」がおすすめです。

このGoogleアラートは、たとえば自社の社名を登録しておくと、その社名を含むWebコンテンツが新しくインデックスに登録された際に、Gmailですぐ知らせてくれるサービスです。通常、特定キーワードの情報を収集するのに活用されているサービスですが、こうしたエゴサーチの手段としても便利なので、覚えておくとよいでしょう。

また、法人であれば、自動であらゆる検索エンジン・SNSから情報を自動収集してくれる有料ツールの導入も検討するとよいでしょう。

ここまで、自社の評判を収集する方法を簡単ながら解説しました。それでは、この中でもし、誹謗中傷や名誉毀損など、悪評や風評被害をもたらす書き込みを発見した場合の対策について、最後にお伝えしていきます。

もし悪評の書き込みを見つけたら、企業は何をするべきか?

会社に関する誹謗中傷・名誉毀損など、悪評につながる書き込みを見つけたら、企業はどう対応するべきでしょうか?

実は、Web上の誹謗中傷の書き込みは、もっとも企業のブランドイメージの低下に結びつきやすいものです。放置しておくと、信用の低下、採用活動への悪影響、それに伴う従業員のモチベーション低下など、数字に出ないながらも内外から企業を侵食しかねない、危険なものです。

そこで取るべき対策は、ひとつが「有料の専門業者に依頼すること」。評判の調査は、上述した方法で調べることができますが、24時間体制の監視や、該当する書き込みの即削除などは、社内で体制を整えることは現実的ではありません。依頼する際は、どの専門業者がよいか、求めるサービスと照らしあわせて考えると良いでしょう。

誹謗中傷対策専門の「ネット風評被害対策サービス」に関しては、こちらの記事も参考にしていただければ幸いです。
→「ネット風評監視サービスについて