誹謗中傷・風評対策

ネット風評監視サービスについて

ネット風評被害・誹謗中傷に対するリスクヘッジは、もはや企業にとっては優先して取り組むべき課題のひとつと言っても過言ではないでしょう。とはいえ、自社で対策するのはなかなか現実的な策とはいえない企業が多いのが現実です。

そんな状況で活用したいサービスが、本記事で紹介する「ネット風評被害監視サービス」。「どんなサービスなのか?」「風評被害によるリスクは?」という疑問を解決しつつ、サービスを提供している会社を紹介していきます。

具体的に何をしてくれるサービスなのか?

各社が提供するリスクマネジメントビジネスである「ネット風評監視サービス」。提供されるサービスは、提供会社によってそれぞれ異なりますが、概ね以下のようなものが代表的です。

  • 掲示板・ブログの監視
  • 風評の調査
  • 機密情報管理
  • 検索結果から悪評を削除する「逆SEO対策」
    →逆SEO対策の詳細については記事(逆SEOとは?)を参照してください。

噂が広まりやすい掲示板・ブログ・SNSを常駐で監視し、火種になりそうなものを排除していく「監視サービス」、悪いうわさが広まっていないかを調査する「風評調査」。他にも、内外から重要な機密情報が漏れていないかを管理する「機密情報管理」など、風評リスクを完全に断つサービスが多く提供されています。

このように充実したリスクヘッジを行うサービスですが、そもそも「企業がネットで晒されている」状態のリスクはどのようなものなのでしょうか?次の項目で確認していきましょう。

企業がネット上で晒されているリスクとは?

法人といえど、ネット上で晒されていることによるリスクは大きいものになりがちです。懸念されるリスクは以下の通り。

  • 風評被害が拡大するおそれがある
  • 会社の信頼性・ブランド力が低下する
  • 従業員のモチベーションが低下する
  • 採用活動・雇用に影響する

広まりやすく、歯止めが効かないネット上の風評被害対策は、容易ではありません。特に、一度落ちてしまった信用を取り戻すことは非常に困難です。ネットの風評被害をないがしろにしてしまうと、気づかぬうちに企業の内外まで悪影響が及んでしまう危険性があります。

それでは、最後にこの「ネット風評被害監視サービス」を提供している会社を紹介していきましょう。

誹謗中傷の監視サービス提供会社一覧

会社の誹謗中傷・風評被害の監視サービスを提供している会社は以下の通りです。

特におすすめなのは、24時間体制で有人投稿監視を行ってくれる「エルプランニング」。その他のサービスも、さまざまなサービスを請け負っていますので、目的に応じて比較・検討してみるとよいでしょう。

まとめ

会社が晒されていることによるリスクは、想像しているよりもずっと大きな被害をもたらすケースが少なくないようです。とはいえ、ネット風評被害のノウハウを持った人員は少なく、そうしたリソースを割くのが難しいのも実情です。

そうした場合は、本記事で紹介したサービスなどを利用し、リスクマネジメントに役立てていきましょう。